2022年06月24日

        

“忌み言葉” に注意&秘奥義のような?施術&昔の健康保険証

category - 健康
2022/ 06/ 24
                 

隠れている部分は「重ね言葉」で、「重ね重ね」「返す返す」「繰り返す」「くれぐれも」「しばしば」「重々」「次々」「度々」「たまたま」「なおまた」「まだまだ」「皆々様」「もう一度」「わざわざ」となっています。

親戚付き合いがほとんどなく、冠婚葬祭に出席する機会もかなり少なかったので、これらの言葉をうっかり言ってしまいそうですが、そのときは謝罪するしかないですね・・・・
普段の会話やメールなどで使う言葉も多いですが、忌み言葉は覚えておきたいです。




整骨院は昔通っていましたが、こんな施術は見たことがありません!
バランスを崩したら危険なので、ここまでしなくてもと思うのですが、体重をかけてやるほうがお客様も満足するという考えからなのでしょうか・・・・

このような法則もあるので、やはり強すぎる刺激は、良くないのでしょうね。




そういえば、我が家も昔は1人1枚ではなかったですね。
我が家は夫が関西に単身赴任中なので、今のような形式のほうがありがたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加