三日坊主の数をこなす

category - 教育・受験勉強
2019/ 10/ 05
                 
三日坊主をたくさん経験して、自分の特性を見つけようといった内容の記事を読みました。

三日坊主というのは、一般的には悪いことだとされていますよね。
でも、記事を書いた方は子どもの頃さまざまな経験ができたことを、親御さんに感謝されているそうです。
できなくてもいいから、とりあえずやってみる。
そんな経験をたくさんしたおかげで、自分に向いていることと向いていないことが分かるようになってきたとおっしゃていましたね。

たしかに、そのことについてまだ何も知らないうちから、長く続けられるかなんてなかなか分からないですものね・・・・
すぐにあきらめてしまっては忍耐力のない子に育つという場合もあるでしょうから、判断が難しいところではあるかと思うのですが、いろいろやってみて自分の適性を調べるというのも悪くはないようにも思います。
才能を見つけ出すキーポイントは、子どもの頃の三日坊主にある。
記事にはそんなことも書いてありましたが、やはりそういった視点を持つことも必要だなと感じましたね。
ただし、全部が三日坊主になって何も残らなかったら悲しいかもですが💦

私の場合も、ピアノ・習字・そろばん・公文・塾など、いくつかの習い事をしましたが、結局どれも中途半端でした(^-^;
でも、ピアノと習字はそこそこのレベルまではいくことができて、今でも役に立つときがありますね。
反対に、娘はだいだいのことで結果を残してきたのですが、一つのことを突き詰める時間を他のことに充てれば、また違った世界が見えていたかもという気もします。
子どもの頃なら、たとえ三日坊主でも失うものはそんなに大きくないと思いますから、お子さんの気持ちを尊重してあげるのもありかもしれないですね。
大人になってからだと、とくに私には、経済的な制約などもあってチャレンジすることがかなり難しいので(>_<)
娘にもどれだけ三日坊主させてやれるか分かりませんが、可能な限りいろいろな経験をしてほしいです。
能力が発揮できるように、これからも応援してやりたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



スタディサプリ ENGLISH
                         
                                  
        

樋屋奇応丸を知らなかった!

category - 子育て
2019/ 10/ 04
                 
2か月ほど前、我が家のお隣のお宅に女の子が生まれたのですが、先日、はじめて対面させていただきました(^O^)
お母さんが、赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこした状態で外にいらっしゃったのですが、昼間なかなか寝てくれないんだそうで、景色を見せて気分転換させていらしたようです。

一緒にお話しているうちに、娘に樋屋奇応丸を飲ませたことがあることを思い出し、早速お伝えしたのですが「そんな薬があるんですか?」とのお返事。
私は、CMを観ていたので、子どもの頃から存在を知っていたのですが、今はCMもあまりやっていないのかしら?
スマホで公式ページを見せながら簡単に説明しましたが、この薬を知らないお母さんがいるということに、ちょっとした驚きはありましたね。

「樋屋奇応丸」の公式ページはこちら↓
https://hiyakiogan.co.jp/kioganbrand/

娘は、赤ちゃんの頃からわりと穏やかな子だったのですが、夜寝かしつけたあと、1時間くらいで泣いてしまう時期があったんですね。
たぶん、げっぷをしたかったからだったと思うのですが、当時はとても悩んで、赤ちゃんでも飲ませることのできるこの薬を試してみることにしました。
しばらく飲ませていたものの、劇的な効果を感じられなかったので、途中でやめてしまいましたが、今考えてみると、生薬でできた薬なので、ある意味しかたがなかったのがもしれませんね。
もちろん、効果には個人差がありますが、風邪にも効くと書いてありますし、大人も飲めるようなので、小さいお子さんがいらっしゃる方は、常備されておいてもいいかなと思いました。

今回、久しぶりに赤ちゃんを間近で見て、私も孫が欲しくなってしまいましたね〜
娘にプレッシャーはかけられませんが、もし孫が生まれたら、私も樋屋奇応丸を買ってあげたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


                         
                                  
        

頬がこけてきてしまいます(><)

category - 健康
2019/ 10/ 03
                 
我が家は収入が少なく、当然食費も節約しないといけなくて、おかげで家族全員太ってはいないのですが、特に私自身は、なるべく食事の量を減らしているので、上半身がかなりやせてきてしまいました(T_T)
特に顔は目立つところなので、なんとかふっくらさせたいのですが、コラーゲンを摂るようにすることとか、表情筋のトレーニングをするといったことなどが書いてあったので、早速私も、トレーニングをやり始めました。

私がやっているのは「あえいうえおあお」という口の動きをするだけのものなのですが、効果があってほしいです!
顔を動かすことで血行が良くなると、くすみもましになってくるのではと思うので、テレビを観ながらでも毎日やろうと思いました。
美容外科で、ヒアルロン酸を注入してもらった方の記事も読んだのですが、1回につき10万円くらいはかかるみたいですし、1年ほどで効果がなくなってくるようなので、私は家で努力するしかないですね。
表情筋トレーニングなら、お金もかからないですし、隙間時間にできるので、気楽に続けていけそうです。

私の場合、上半身は痩せすぎているのに、下半身は若い頃からセルライトがたまっていて、実はこちらも困っているんですよね。
セルライトを解消しようとして、食事を少なくしていた部分もあるのですが、まったく効果がなかったです。
ただ、ジョギングをするようになってから、少しずつですが、セルライトが減っているので、下半身痩せには、食事制限より運動がいいんでしょうね。
足のセルライトのせいか、冷え性でトイレも近くなっているので、これからもジョギングをやっていきたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

オードリーのお菓子

category - 日常生活
2019/ 10/ 02
                 
先日、職場の同僚から、洋菓子店・オードリーの人気商品「グレイシア」をいただきました。
流行に詳しくない私は、それまでまったく知らなかったお菓子なのですが、丸めたラングドシャの中にクリームが入っており、トップにはイチゴが乗っているという、まるで小さなブーケのような見た目が、人気の秘密なのかなと思いましたね。

商品は、個包装になっていて、どうやら1ヶ月くらいは日持ちするようで、手土産や差し入れにも喜ばれそうな感じです。
同僚は、東京駅で買ったようですが、普段は行列必至で早めに売り切れてしまうらしく、ラッキーだったと言っていましたね。
調べてみると、グレイシアには、いちごの代わりにナッツが乗っているものや、アイスになったものもあるそうで、食べくらべてみるのも楽しそうですね(^O^)
ただ、小さいお菓子なのに一個あたり280円くらいするので、我が家にはちょっと厳しいですが・・・・

仕事から帰宅して、1個のグレイシアを包丁で半分に切り、娘と食べましたが、娘も喜んでいました。
お金とカロリーのことが心配で、スイーツを買って帰ることはほとんどないのですが、たまにはこういうひとときもいいなと思わせてくれた、グレイシアでした(^_−)−☆

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加





                         
                                  
        

子どもの慢性疲労症候群

category - 子育て
2019/ 10/ 01
                 
近年、子どもたちの間で慢性疲労症候群が広がっているとか・・・・
子どもイコール元気のイメージなのに、睡眠障害や意欲の低下、異常な疲労感を訴える子どもが増えているなんて!
ちょっとびっくりしてしまいますよね。

慢性疲労症候群に陥る子どもの特徴としては
〇生活が夜型に偏っている
〇多すぎる情報に接して頭を使いすぎている
〇周りの人たちに気を遣いすぎ、自分を抑える傾向がある
といったことがあげられるそうです。

こういったことに加えて、人間関係や環境で強いストレスを受けてしまうと、睡眠やホルモンバランスなどが崩れてしまい、異常な疲労感に襲われるみたいですね・・・・

対策としては、子どもの自主性を重んじて十分な休養をとらせることが一番重要だそうです。
やる気がないからといって無理強いしてしまうと、余計に症状が悪化するみたいで・・・・
他には、寝る直前にはテレビ・ゲーム・インターネットなど、脳を興奮させるものをしないようにすることも必要なようですね。
子どもは適応能力が優れていて、今までのライフスタイルを見直すことで改善できる場合が多いと思うので、私たち大人が子どもをサポートしてあげられるといいですね。

娘も大学生になってからは遅くまでパソコンやスマホを触っていて、私も心配ています。
一応ブルーライトかっとの眼鏡はかけながらやっていますが・・・・
私も娘も慢性疲労症候群にならないよう、生活習慣には気をつけたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

パスポートを郵送交付??

category - 話題
2019/ 09/ 30
                 
ビザ(査証)なしで入国できる国・地域の数に基づき、世界各国のパスポート(旅券)を比較したランキングが毎年発表されているようですが、日本は、シンガポールと並び首位になったそうです。
トップ10を見ていると、2位以下とは僅差ではあるのですが、それでもこの結果はうれしいですね(^O^)

ただ、先日、政府がパスポートを郵送で受け取れるようにする制度改正の検討に入ったいう記事を読んで、なんとなく心配になってしまいました。
たしかに、自宅で受け取れるのは便利なのですが、窓口で受け取ることで本人確認の意味もあったと思うので・・・・
日本の郵便制度はとてもすばらしいものですが、それでも、配送の途中でトラブルがないとは限らないですしね。
パスポートは、受け取れる場所の数が限られているのが難点ですが、運転免許証やマイナンバーカードも手渡しなのですから、やはり今のままのほうがいいのではないかなと思いました。

一方、発行手数料をクレジットカードで払えるようにするとか、インターネットで発行申請できるようにするということも検討されているそうですが、これはうれしいですね。
10年有効のパスポートの手数料が16000円もするので、もっと安くなればなおありがたいですが(^^;;
利便性も大切ですが、身分証明証の役割も兼ねているパスポートなので、安全性を第一に考えて、改正していただければと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

小1女児不明、未だ見つからず

category - 話題
2019/ 09/ 29
                 
山梨県のキャンプ場で、21日から行方不明になっている女の子ですが、懸命の捜索活動でも手がかりさえつかめていないみたいで、私も毎日心配しています。
ボランティアで捜索に参加してくださった方が、崖から転落されたという情報もありますし、陸上自衛隊による捜索活動も終了したということで、一刻も早く見つかってほしいという気持ちでいっぱいですね。

女の子のご一家は、キャンプに慣れているということのようですが、今回の場所もたびたび行かれていたのでしょうか?
もしそうでなければ、小さい子を友達のところへ一人で行かせてしまったのは、やはり良くなかったのかもしれないですね。
大勢の方が参加されていたキャンプのようなので、大人の方が交代で見守りに行くということができていたらと、悔やまれます。
でも、自然の中でのひととき、大人もゆったりとしたいでしょうしね・・・・
それに、ずっと子どもから目を離さないというわけもいかないですし、私も、今回のことでいろいろ考えさせられました。

娘も、同じく小1のときに、私のうしろで友達と遊んでいて、顔を5針縫う怪我をしてしまったということがありました。
本当に、一瞬の出来事で、私も気が動転してしまいましたが、あまり目立たないところの怪我だったので、不幸中の幸いでした。
それ以来、大きな怪我はしていませんが、これからも、何が起こるか分からないので、娘には、十分に注意して行動してもらいたいですね。
もちろん私も、齢とともに注意力が衰えてきているので、娘以上に気をつけなければと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

弱くても前進する

category - 心と精神
2019/ 09/ 28
                 
弱い自分がいるなら、弱いなりに前進すればいいといった内容の記事を読みました。

強い人というのは、気力・体力・精神力が備わっているというイメージがありますよね。
これらの力が十分にある人は、行動力も身につくし、難しい課題も達成しやすくなると思います。
だから、強さを持っているのはとても素晴らしいことなのですが、かといって「弱いことは悪いこと」という先入観は持たないほうが良いそうです。
目標を高く設定するのも重要ですが、高い目標を見上げてぼうぜんと立ち尽くすよりは、小さなことからこつこつと積み上げていくことを考え、実行するほうが進歩があるし、目標にも近づきやすくなりますよね。
「弱い人でも偉業を達成できる。」

記事にはそんなふうに書いてあって、小心者の私も少しだけ勇気が出てきました。

本当に、私は自分のことに関してはすぐにあきらめてしまうことが多かったです。
高校の頃、評判の良い教材を買っては挫折して無駄にしてしまって(>_<)
実家もお金に困っている様子だったので、塾に行きたいとも言えませんでした。
もっと親に自分の希望を伝えられていたら、また人生が変わっていたかもしれませんね。
習い事とかも、マイペースで続けていたら、今も趣味として楽しめたかもしれません。
そんなふうにいろいろと後悔があるので、娘の子育てはまず「あきらめない」ことをモットーにしてやってきました。
完璧は目指さないけど、あきらめずに取り組めばたいていは壁を乗り越えられたので、やはりこの記事に書いてあるように前進あるのみですよね!

強い人はさまざまなことがうまくいっているように見えてうらやましくなりますが、私がその人たちのようになるのはかなり難しいと思うので、私は私なりに、少しずつ前進していけたらうれしいです。
明るい未来を目指して、今日も行動しようと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

若者の腕時計離れ

category - 話題
2019/ 09/ 27
                 
若者の腕時計離れが広がりつつあるという内容の記事を読みました。

私が若い頃は、腕時計をつけて外出するのは当たり前という感じでしたが、今はそうでもないみたいですね。
携帯電話が時計の役割も兼ねてくれるので、あえて必要ないということなのかもしれません。
メーカー側も、モデルのバリエーションを拡充したり、復刻モデルを販売するなどして対策しているようですが、娘も、試験のとき以外は持ち歩かないですね・・・・
ソーラー充電できるものや、金属アレルギーを起こしにくい素材で作られたものもあるそうですが、日焼けあとがつくのも心配で、私も使っていない状態です。

ただ、娘の就活が始まったら、それなりの腕時計を買ってあげようかなとは思っていますね。
カバンからスマホを取り出す手間が省けますし、面接のときも、なんとなくですが、時間の意識が高い印象を与えられるような気がします。
もちろん、我が家のことですから、そんなに高価なものは買ってあげられませんが、就職祝いとして、ぜひ送ってあげたいですね。
就職するのはまだ先ですが、記事を読んで、今からでも良い腕時計がないか、チェックしていこうと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

記憶力の発達について

category - 教育・受験勉強
2019/ 09/ 26
                 
記憶力がどのように発達するかについて、解説してくださっている記事を読みました。

アメリカでの研究結果によると、物事を記憶するとき、小学校低学年くらいまでは、記憶しやすいものとしにくいものとをどちらも同じ時間をかけて記憶しようとしているのですが、それ以降の年齢では、記憶しにくいもののほうにより多くの時間をかけようとするそうです。
つまり、年齢が上の子どもたちのほうが下の子どもたちよりも経験を積んでおり、それによって効率の高い物の覚え方ができるようになってくるということなんでしょうね。
大きくなるにつれて記憶するためのコツがつかめたり、記憶しなければという意識が高まってきたりするとも思うのですが、まずは大人が、記憶力が必要だということを子どもに丁寧に教え、正しく導いてあげることが大切になってきますね。

娘は1歳から公文の国語を、3歳からは算数を始めました。
公文の算数、たとえば足し算の場合、「たす1」「たす2」・・・・・「たす10」といった感じで進めていくのですが、「たす4」をやっているときには日替わりで「たす1」から「たす3」の問題を口頭で解かせるなど、こまめに復習をしていました。
引き算に入ったときも、引き算の復習と並行して、足し算を忘れないようにするために、今日は「たす1」、明日は「たす2」と、同じように復習をして・・・・
足し算の筆算に入ったら、今度は同様に引き算を毎日復習しました。
返却されたプリントを少しずつ残しておいて、答えの部分を隠して口で言わせるだけなので、復習は毎日1分ほどですみます。
これをすることで、進み具合や親子のモチベーションが断然上がってくるんですよね(^o^)
九九の場合は、YouTubeにある「九九の歌」で覚えると楽かもしれません。
小さい子は「覚えなきゃ!」とはあまり考えていないので、親がいろいろ工夫するしかなくて・・・・
でも、そのちょっとの工夫をすることで親子のストレスが軽減されたので、まあ良かったのかなと思っています。
階段をスロープに変える。
そんな思いでやってきたことが、今につながっている気がしています。

記憶力を発達させるには、そのことに興味を持つことが一番なので、そのあたりも配慮するといいでしょうね。
私も記憶力の低下をゆるやかにするために、脳トレに励みたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加