Post

        

インフルエンザの予防接種

category - 健康
2019/ 11/ 05
                 
インフルエンザの予防接種について、解説してくださっている記事を読みました。

すでに学級閉鎖が起こるなどして、例年より早く流行し始めたインフルエンザ。
予防接種については、ワクチンが約5か月持続するので、ちょうど今くらいに行うのが良いそうです。
さらに、ワクチンを打つのにもっとも適した時間帯があり、それはそれは午前中とのこと。
人間の活動が高まると、交感神経も高まるので、午前中にワクチンを打つと、免疫力がより高まるらしいです。
仕事のない日は、午後から外出することが多く、今年も午前中に打てるか分かりませんが、せっかくこういう情報を得たので、可能なときは私もぜひそうしたいですね。
万が一、午前中の予防接種で体調が悪くなっても、午後から再度受診することができるので、そういった意味でも、午前中の接種は理にかなっているのかもしれません。

我が家では、インフルエンザの予防接種を毎年家族全員で受けていますが、とりあえず、効果は感じていますね。
でも、職場の同僚の中には、接種していたのに症状がひどくなった方もいて、どうなのかな?と思うときもあります。
最近、マスクをしている保護者の方が多く、私も感染の不安がありますが、こまめに緑茶を飲むようにして対策をしているところです。
なんとか流行に乗らないように、今シーズンもできることはやっていきたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  

コメント

非公開コメント