過去と他人は変えられない?

2017/ 06/ 14
                 
「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」
カナダの精神科医であったエリック・バーン博士の名言ですが、こういうふうに割り切ることは本当に難しいと感じています。

娘が高校生の頃知り合ったあるママ友とのLINEのやりとりですが、ほとんどご自分の話しかされず、会話のキャッチボールにならないんですよね。
私からしょっちゅうLINEを送っているわけではないし、今こちらは関東在住であまりお会いできないので、たまにやりとりをするときくらい少しは相手への配慮があってもいいのにと、モヤモヤすることがあります。
お会いしたときは不愛想というほどでもないんですけどね・・・・
単に文字入力が苦手で、最低限しかやりとりしたくないのかもしれませんが、つい自分が軽く見られているような気になってしまう器の小さい私です💦
基本的には、他人を自分の思うようにコントロールすることはできないと思っておいたほうがいいのでしょうが、それでも私は、これからもできるだけ真心こめて対応したいと思っています。
そして、いつか、私の誠意が通じてくれたらうれしいですね。

過ぎてしまったことをくよくよ悩んでしまうことも結構ありますね。
でも、悩むことが辛いので次からそうならないためにどうしたらいいのかも必死で考えます。
そうすることで、致命的な結果を招かずにすんでいる部分もあるので、悪い過去にも感謝しないといけませんね。
すべての経験が自分の成長のためにあると思ったら、少し気が楽になりました。

私の話が長くなりましたが(^-^;
何十年も生きていると、他人も自分も性格を簡単には変えられないと実感するわけですが、子どもの場合は柔軟性があるので、大人が良い方向に導いてあげることは十分可能だと思います。
親御さんの役割も重要ですし、私たち塾講師も少しでもお役に立てるようにしたいです。
時間は絶対に巻き戻すことができない。
まさしくあとから過去を変えることはできないので、後悔することのないよう指導していきたいですね。
先生方は、今までの指導経験やお子さんの様子から客観的な立場で話をしてくださるので、何かあればぜひアプローチしていただければと思います。

勤務先の塾でも、毎回宿題をしない子が複数いるのですが、親御さんからは何のご相談もないので、教室長も対応できていない状態で・・・・
託児所の感覚で通塾させている方もいらっしゃるようなので、そういうことだとこちらからアドバイスしてもありがた迷惑の場合もあるようです。
お悩みがあるときは、先生とそれを共有し一緒に解決を目指していけるといいですね。

子ども達が自ら明るい未来を創っていけるよう、私たち大人もサポートしていきましょうね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







スポンサーサイト
                 

コメント

        

いつも読んでいただいて、ありがとうございます!
ふつうのオバちゃんこと風子、初コメントです。

東大生の娘の母、とか聞くと(((ʘ ʘ;)))近寄りがたいですが、
教育の現場で現役だからこそ、見える子供たちの姿も多いでしょうね。

今、小中学生の15~16人に一人が発達障害と言われ、
ここ20年ほどで、うつ病人口も激増しています。

原因はなんなのか?

スマホ、携帯、家電、Wifiなどの電磁波も、
大きな要因のひとつだろうと思っています。
特に子供はスマホを持つと、脳の中で小さな電子レンジが
回っている状態になると言われています。
見えない、臭わない、症状の個人差が大ということで、
放射能とともに驚異の時代になりましたねぇ。

>「過去と他人は変えられないが、未来 と自分は変えられる」
まさに的確な至言ですね。

歳を重ねると固定観念と、自分本位ばかりが増幅されて困りものですね。
せめて自分だけでも心をオープンにして、
他者への期待は捨てて暮らしたいものです(*^▽^*)
Re: コメントありがとうございます♫
大阪にお住まいとのこと、うらやましいです!
私も帰省すると生き返ります。

電子機器の子どもへの影響は本当に心配ですよね・・・・
家ではブルーライトカット対策をしていますが、外出先ではどうしても不十分になりがちです。
東大生同士でもスマホは必需品になっていて、この生活を変えるのはなかなか難しいので、今後技術が進んで有効な対策がされるよう願うばかりです。

他人の気持ちはなかなか変えられませんが、私ももう若くはないので、楽しめる友達付き合いをしたいです。
お互いが歩み寄れる関係になれたらいいですね。
これからもよろしくお願いいたします。
utokyo318さん、こんばんは!
「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」
カナダの精神科医、エリックバーン博士のお言葉だったのですね。恥ずかしながら知りませんでした(^^;
この考え方は私が今活動をしているアンガーマネジメントの考え方にまさにビンゴ
!!アンガーマネジメントも心理学の一種ですので突き詰めていくと同じような考え方になるのでしょうね。
ありがたい知識に感謝ですm(_ _)m
Re: コメントありがとうございます♫
アンガーマネジメントもとても大切ですよね。
少しでも自分の感情をコントロールできたら、気持ちも楽になると思います。
怒る前に一呼吸置くと、たしかに冷静になれそうでいいですね。

対応次第によっては他人の心を変えられるときもありますが、とりあえずこのように考えておいたら無難ですね。
悩んだらそれだけ成長もできますが、やはり悩みは少ないほうがいいですものね・・・・

こちらこそ、またいろいろ教えてくださいね(^o^)