Post

        

記憶力の発達について

category - 教育・受験勉強
2019/ 09/ 26
                 
記憶力がどのように発達するかについて、解説してくださっている記事を読みました。

アメリカでの研究結果によると、物事を記憶するとき、小学校低学年くらいまでは、記憶しやすいものとしにくいものとをどちらも同じ時間をかけて記憶しようとしているのですが、それ以降の年齢では、記憶しにくいもののほうにより多くの時間をかけようとするそうです。
つまり、年齢が上の子どもたちのほうが下の子どもたちよりも経験を積んでおり、それによって効率の高い物の覚え方ができるようになってくるということなんでしょうね。
大きくなるにつれて記憶するためのコツがつかめたり、記憶しなければという意識が高まってきたりするとも思うのですが、まずは大人が、記憶力が必要だということを子どもに丁寧に教え、正しく導いてあげることが大切になってきますね。

娘は1歳から公文の国語を、3歳からは算数を始めました。
公文の算数、たとえば足し算の場合、「たす1」「たす2」・・・・・「たす10」といった感じで進めていくのですが、「たす4」をやっているときには日替わりで「たす1」から「たす3」の問題を口頭で解かせるなど、こまめに復習をしていました。
引き算に入ったときも、引き算の復習と並行して、足し算を忘れないようにするために、今日は「たす1」、明日は「たす2」と、同じように復習をして・・・・
足し算の筆算に入ったら、今度は同様に引き算を毎日復習しました。
返却されたプリントを少しずつ残しておいて、答えの部分を隠して口で言わせるだけなので、復習は毎日1分ほどですみます。
これをすることで、進み具合や親子のモチベーションが断然上がってくるんですよね(^o^)
九九の場合は、YouTubeにある「九九の歌」で覚えると楽かもしれません。
小さい子は「覚えなきゃ!」とはあまり考えていないので、親がいろいろ工夫するしかなくて・・・・
でも、そのちょっとの工夫をすることで親子のストレスが軽減されたので、まあ良かったのかなと思っています。
階段をスロープに変える。
そんな思いでやってきたことが、今につながっている気がしています。

記憶力を発達させるには、そのことに興味を持つことが一番なので、そのあたりも配慮するといいでしょうね。
私も記憶力の低下をゆるやかにするために、脳トレに励みたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
今の小学校でやっているのかはわかりませんが、私が小学校の時は、九九や単位(リットルやデシリットル)などもクラス全員で先生の後について諳んじていました。

その内容を今も覚えているので(笑)
子供の頃に遊びのように覚えることは大切なのだな。と思います。
No title
>記憶力を発達させるには、そのことに
>興味を持つことが一番

記憶力は人はそう差はないと私は思うのです。
私の考え方としては、興味を持ったものに
関しては、よく記憶できる、というのが正しい
のではないでしょうか?

うちの子供も勉強に関する記憶力は???
でしたが、好きだったカードゲームは、
膨大な枚数あるのに、記載された細かな文言を
相当覚えていて、驚いたことがありましたね(^_^;)
Re: ミコリー様、コメントありがとうございます♫
どうせ覚えなければいけないものなら、楽しくやりたいですよね(^_−)−☆
語呂合わせなども活用して、忘れにくい工夫もしていけばいいかと思います。

勉強は辛いもので、無理強いするのは良くないという風潮もありますが、小さい子どもはそこまでの意識はないかと思います。
知的好奇心が旺盛な子も多いので、うまく満たしてあげたいですね。
Re: 神田ももたろう様、コメントありがとうございます♫
たしかに、興味を持ったものについては記憶がはかどりますよね(^O^)
また、興味を持たせるための努力も必要だと必要だと思うので、周囲の大人がさまざまな機会を提供してあげたいですね。

記憶力については、奥が深いですよね。
職場の人間関係のトラブルなど、早く忘れたいこともしっかり覚えているし・・・・
自分の記憶力を、もっと生産的なことに使えたらなというのは、よく思います(><)