Post

        

ブルネイの水上集落

category - 旅行
2019/ 09/ 25
                 
ブルネイの旅行記をというご要望がありましたので、9/3の記事9/9の記事に続き、ブルネイの水上集落である、カンポン・アイールのご紹介をさせていただきたいと思います。

ウィキペディアでの「カンポン・アイール」の紹介ページはこちら↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB

ウィキペディアでは、カンポン・アイールの人口は約39000人となっていますが、ガイドブックには約13000人とも書かれており、実際、空き家のような住宅もあったので、現在では、ウィキペディアで書かれているほどの人は住んでいないかもしれませんね。
マゼランの世界一周に同行したベネチア人のアントニオ・ピカフェッタが「まるで東洋のベニスだ」と述べたということですが、きれいな住宅もあれば、老朽化した住宅もあり、カンポン・アイールの中でも貧富の差があるのかなということを感じさせられました。

学校や消防署、警察署もあり、電気や水道も整備されていますし、水上ということで、多少の涼しさも感じられるからか、政府が陸地の家を用意すると言っても、なかなかここを離れない人が多いんだそうで・・・・
私たちは、ボートで渡ってきて歩いて散策しましたが、川にはこの結構ごみも浮いていたので、私はやっぱり、陸に住んだほうがいいなあと思ってしまいました(^^;;

私たちは「ザ・ブルネイホテル」に泊まりましたが、カンポン・アイールに行くボートの乗り場はホテルの近くにあったので、とても便利でしたね。
世界最大とも言われるブルネイの水上集落である、カンポン・アイール。
個人でも簡単に行けますので、ブルネイ旅行の際は、ぜひ見学なさってくださいね♫

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

22 地球の歩き方 Plat ブルネイ [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/9/18時点)


                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
ホント、ベニスのようですね。
42も村があるってどれだけ大きいのでしょう??
ベトナムで水上の村を見たことがありますが、1つの村だけって感じでした。

ベニスでも汚水のにおいもあるし、私もふつうに陸で暮らしたいと思います。
こんにちは
旅行記ありがとうございます!
ちょっと興味をそそられますね。
でも私も陸住み派です(笑)
Re: ミコリー様、コメントありがとうございます♫
たしかに、世界最大というだけあって、規模は大きかったですね。
国側は縮小したいようなので、今後どうなるか分かりませんが、有名な観光地が少ないブルネイの貴重な見どころかなと思います。

冷蔵庫を水上タクシーで配達しているのを見ましたが、なんだか大変そうで・・・・
でも、それを超える魅力があるからこそ、住み続けているのかもしれませんね。
Re: きのっぴい様、コメントありがとうございます♫
私達は、旅工房のツアーで行きました。
東京からのほうがツアーは多いと思いますが、関空からも若干あるようなので、よろしければぜひ行ってみてくださいね(^O^)
ご質問などあれば、分かる範囲でお答えします。
25年前
ブルネイ🇧🇳25年ほど前に仕事で2年半住んでいたけど、15年程前に再度行ったきりで、つい懐かしくてコメントしました。

当時はヤオハンが夜遅くまで店を開けていて、沢山の現地の友人もできて忙しいけど楽しく生活していました。カンポンアイールに住んでいる友人は居なかったけれど、訪ねる機会は何回かあり、行くととても綺麗で家電も揃っていましたね。ボートタクシーは結構スピードを出すのでスリリングでしたね。

今やブルネイだけのガイドブックがあるのですか?このところ、その後に住んだマレーシアや娘が留学したニュージーランドばかりに目がいっていたので気づいていませんでした。懐かしい話をありがとうございました。
Re: ともこ様、コメントありがとうございます♫
ブルネイに住まれていたことがあるんですね!
日本の方がお仕事で赴任されるのは、珍しい時代だったのではないかと想像しますが、治安がいいので、住みやすそうですね(^O^)

ヤオハンは、多分今はないと思うのですが、ナイトマーケットの近くにある「ザ・モール」がにぎわっていました。
交通の便が少々不便なので、観光客は夜遅くまで活動しづらいですが、現地の方はマイカーを何台も持っているようですし、お酒も飲まないので、夜もマイカーで移動して楽しめそうですね。

このガイドブック、とでも便利でした!
また、機会があればブルネイ再訪したいですね。