Post

        

同時進行できる力をつけさせるには

category - 教育・受験勉強
2019/ 08/ 31
                 
子どもに複数のことを同時進行で行う力をつけさせるにはどうしたら良いのか、解説してくださっている記事を読みました。

遊びに出かける時間を気にしつつ、宿題に取り組み、親が何か質問してきたらそれにも答える。
こういうことができるようになるということは、それだけ脳が発達したということらしいです。
本来、人間の脳はいくつもの情報処理を一度にこなす力を秘めているので、記事には、意識して生活の中で複数のことを同時にこなす練習をして、この能力を高めてあげると良いと書いてありましたね。
例として「テレビを観ながら食事をする」ことがあげられていました。
一般的には行儀が悪いと言われているこの行為。
しかし、食べ物も口に入れるときはきちんと食卓のほうを見て、咀嚼するときに目をテレビに向けるというやり方をしっかり教えることで、両方のことを同時にこなす訓練ができるそうです。
もちろん、家族で会話しながらの食事も効果的でしょうが、それが難しい場合は、この方法を取り入れるのもいいかもしれないですね。

娘も、食事しながらよく英語を聴いています。
東大入試の英語にはリスニングのテストもあったので、とにかく耳を慣らさないとということで、お行儀は二の次になってしまいました💦
おかげでリスニングは得意になれたので万々歳ですが、これからはマナーも学んでもらわないと・・・・
そこの部分は、若いときの私よりずっと頼りないので(>_<)

優先順位を決めて一つのことに集中する力も大切ですが、これからの時代はいろいろなことを同時にこなせることも必要だと思うので、我が家も親子で練習していきたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
うーん・・・この手のは
女性が得意な印象です(脳の違い!?)
男は集中すると、ほかのことが
同時にできないと思うんですけどね~

書いてあることで思い出すのが友人の
男の子のお子さんの例。TV見出すと箸が
止まって口が開きっぱなしになるそうですw

私もPC仕事に集中している時、妻に
話しかけられて、適当な返事でよく
返すことが多いです(映画「未来の
ミライ」で似たシーンがありました)
Re: 神田ももたろう様、コメントありがとうございます♫
女性は、家事や育児で、同時進行に慣れているとも言いますが、私は不器用で、いろいろ反省が多いですね(><)

同時進行できる力も必要ですが、1つのことに集中できる力も財産になりますよね。
お仕事中は、ミスをしないようにという意識もあるでしょうし、話しかけられても適当な対応になるのは、しかたがないことだと思います。
私も、仕事でときどきミスはしてしまうので、集中力をもっと磨かないとと思っています。