Post

        

人間関係に疲れたとき

category - 心と精神
2019/ 08/ 27
                 
人間関係に疲れたときの解決策について、解説してくださっている記事を読みました。

周囲の人と良好な人間関係が気づけていれば、毎日が楽しく充実できるのですが、トラブルが起こったりするとぐったりしてしまいますよね・・・・
私も、相手に気を遣いすぎていたり、人からの評価が気になったり、相手の言葉の裏をさぐったりしてしまうことが以前はよくあり、結構ストレスがたまっていました。
私の場合、親戚付き合いがほぼゼロなので、友達まで失って孤独になるのが怖いという気持ちが大きかったんでしょうね。
今はかなり気が楽になりましたが、以前は頑張りすぎて、家に帰ると何もする気が起こらなくなることもありましたね。

こういった状態を改善するには
①広く浅く、距離を保ちながら付き合う
②何度か「世話役」に挑戦してみる
③相手を傷つけないように「言い訳」や「逃げ場」は常に用意しておく
④気が向いたときに、自分から誘ってみる

といったことを心がけると良いそうです。
以前の記事に書いた斎藤茂太先生のように、集まりにはできるだけ参加するという姿勢も大切ですが、どうしても気乗りがしないときは③のようにうまく口実を作って断ればいいですね。
あくまでも無理は禁物ですが、相手に頼っていてばかりだとその相手もいい気はしないかもしれないので「お互い様」の気持ちは忘れないでおこうと思いました。

自分も相手も心地よく過ごすためには、やはりそれなりの気配りが必要ですよね。
でも、疲れ切っているときは「おひとりさま」行動を増やすほうがいいかもしれないので、自分の心や身体と相談しながらやっていこうと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  

コメント

非公開コメント