口ぐせが現実を変える

2017/ 06/ 06
                 
ネットでの記事にタイトルにあげた言葉が書いてあり、思わず読んでしまいました。

自分が望むものに対してポジティブな言葉で願い続けることによりその願いが現実になるという考え方は、脳科学や認知科学、心理学の分野でも認められているらしいですね。
願いを何度も言葉に出すことでそれを私たちの記憶に植え付けてあげると、その記憶によって思考力・発想力・意思決定力・価値観などが作られていき、物事を望んでいる方向に動かすことができるようになるとのことでした。
私の周りでもポジティブ思考の方がいらっしゃり、大変なアクシデントにも遭遇していらっしゃるのですが、そういった方はもしかすると日ごろから言葉に出して願うようにしていらっしゃるのかもと思いました。

私の場合、基本的にネガティブ思考なのでいろいろ心配してしまいます。
だから精神的にきついときもあるのですが、娘の東大入試のときなどは不測の事態をかなり考えて対策したのが良かったと思っているので、悲観的に考える性格も残しておきたい気はしますね。
でもあまりに煮詰まると本当にまいってしまうので
「すべてのことがうまくいきますように。」
と願うようにもしています。
それと同時に不安もよぎってしまうんですけどね(T_T)
うまく心のバランスを保つのは難しいですが、頑張りすぎずにできることを探していきたいと思っています。

とても悩んでいて辛いというときもあるかと思いますが、そんなときこそ解決するように何度も願えば気持ちも少しは落ち着くと思うので、実践されてみてはいかがでしょうか。
願うだけならだれにも迷惑はかけないですしね。
「とりあえず、できるところからやってみよう。」といった言葉を口ぐせにするのも良い
と書いてあったので、私も早速始めたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







スポンサーサイト
                 

コメント