子どもが自ら宿題に取り組むには

2017/ 05/ 23
                 
お子さんが宿題をせずに遊んでばかりいて困っているというご家庭もあるかと思いますが、宿題をきちんとやらないと学校や塾での授業が分からなくなり、また次の宿題もためてしまうという悪循環になるので、早めの対策が必要ですね。
勤務先の教室でも宿題をやってこない子が複数いますが、当然のことながら塾に来ていてもほとんど成果が上がっていない状態で、月謝がもったいないなとつい考えてしまいます。

学校から帰ってきて宿題を終わらせてから遊びに行ってくれるといいのですが、今の子ども達は放課後も習い事などで忙しく友達とスケジュールが合わないことも多いので、遊べる日には少しでも長く遊びたいというお子さんの気持ちも分かります。
そんなときは、遊びに行く前に一部だけ取り組んで、残りは見えやすいところに並べておいて、夕食の後でやるといいかもしれませんね。
遊び疲れているのに宿題が全部残っているという状態よりも、気分的にはかなり楽だと思います。
また、何時までに宿題を終わらせるといったことを決めておくと、生活にもメリハリができますね。
ダラダラと取り組んでいても脳が活性化しないので、やると決めたら集中して早めに終わらせることができればベストです。

宿題をするのをいやがったときも、とりあえず1問だけやってみようと伝えてあげるとうまくいくことが多いです。
大人の私たちでも、始めるまでは億劫だけどやりだすと調子が上がってくるということがありますしね(^O^)
宿題をやることのメリットをお子さんに話してあげたり、きちんとできたことはほめてあげたりすると、お子さんの意識も変わってくるので、できるだけ良い言葉をかけてあげていただければと思います。

お子さんが勉強は楽しいと感じていただけたら最高ですね!
学校もより楽しくなると思うので、ぜひご家庭での習慣づけをよろしくお願いします。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







スポンサーサイト
                 

コメント

        

なかなか宿題をやらない小2の息子。この方法はあっているかもと思い、昨日実行してみました。遊びに行く前に音読だけやる、帰ってきてテレビを見る前にプリントを1枚だけやる。ご飯を食べてからお風呂が沸くまでに問題集をやる。というようにしてみました。いつもより早く終わらせることができました。まだ集中力が長く続かないようなので今はこのちょっとずつやる方法がとても合っている気がしました。今日も試してみます(^^)
Re: コメントありがとうございます♫
親としてはいっぺんに宿題を終わらせてくれたほうがいいのですが、とりあえずは宿題をやりきることを目指して、少しずつ一度に取り組む時間を増やしていけばいいですね(^o^)
集中してやれると学習内容も定着しやすいので、分散学習は結構おすすめです。
また体力がついてきたら、方法を見直していったらいいかもしれないですね。

またいろいろな情報をお伝えできればと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。