入試の際のアクシデント

2017/ 05/ 21
                 
帰省をしていて、友達とランチをしてきました。
その方の息子さんは娘と同級生で、習い事もいくつか娘と一緒にしていて、小さい頃4人で海外旅行にも行ったほど仲良くさせていただいています。
息子さんが浪人されていて今回無事に合格されたのですが、センター試験の直前にインフルエンザになったということを聞きました。
予防注射も1回はして、ヨーグルトを食べるなどいろいろ対策されていたようなのですが、結構高熱が出て試験も満足な結果が出なかったということでした。
国立の志望校をセンター試験後に変更し、宿泊先のホテルを急きょ予約して大学近くのホテルを押さえたり結構あわただしかったようで、話を聞いていると私も去年のことを思い出してどきどきしましたね。
受験した国立大学は雪の多い地域の大学で足元がすべったので雪用の靴を現地で購入したとか・・・・
結局私立大学に進学されることになったのですが、冬の入試の危うさを改めて感じて、もっとなんとかなったらいいのにと改めて思いました。

娘の大学受験のときも体調管理には気を使いましたね。
インフルエンザの予防接種は娘と私は一応2回しました。
ヤクルトを毎日2本、紅茶を一日2杯ずつ飲み、睡眠をしっかりとるように心がけて、運良く体調を崩さず受験できました。
ホテルは8月ごろに灘高生御用達の東京ドームホテルを予約しようとしたのですが無理で、割と安くてオープン1年のホテルを予約できてほっとしましたね。
あちこちの天満宮で合格祈願のお守りやお札をいただき、家で毎日2回お願いしたり、時間のあるときは大阪天満宮にも行きました。
お百度参りも何回かして・・・・私も必死でしたね💦
現役生は直前まで実力が上がると言われていて睡眠時間を削って追い込みをかける方も多いのですが、うちはとにかく無理をさせないように心がけていましたね。
入試の3日前に上京し、お茶の水の東進で自習させていただいて助かりました。
東大は娘が高1のとき1度行ったきりだったので、上京後に2回下見をしておきました。
入試の最中も湯島天神でお参りして必死に祈ったので、神様も私の執念に根負けして合格させてくださったのではないかと思っています(^-^;
今から本郷キャンパスでの五月祭に行くのですが、娘の入試も本郷キャンパスで受験したので、またあの日のことをいろいろ思い出しそうです。

今後国公立大学は入試の形態が変わるし、私立大学も合格人数をしぼってきているのでご心配も多いと思いますが、できる限りの対策をして、後悔のない受験にしていただけたらと思います。
中学受験の場合はお子さんが小さいのでさらに体調面など今から気をつけていただいて頑張ってくださいね!
強く願えば合格を手にすることができると信じましょうね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







スポンサーサイト
                 

コメント