Post

        

寂しがりを克服するには

category - 子育て
2018/ 11/ 21
                 
お子さんが自宅で留守番するのをいやがったり、家族や友達といつも一緒にいないと不安になったりする場合、どのように対処したらいいかという記事を読みました。

・寂しがっているお子さんのことを受け止め、愛情を注いであげる。
・いろいろな経験をさせてお子さんに自信をつけさせる。
・さまざまな人と接する機会を作る。

これらのことを実践しながら、自然と改善するのを気長に待ってあげるのが良いそうです。
ペットのお世話も良いと書いてありましたね。

こんなおばさんの私でも、基本は寂しがりですからね・・・
小さい頃、父はときどき私に暴言を吐いていましたが、大柄な父にはとても逆らえず、私はすっかり委縮してしまっていました。
今も父とはうまく話せない状態です。
家族の会話やレジャーもほとんどなく、家ではテレビを観て時間をつぶしていました。
友達ともどう接していいのか分からないのに、孤独になるのが怖くて学校では自分なりに頑張るも空回り・・・・
家に帰るとぐったりしていましたね。
ママ友とはもめたりすることはなかったのですが、失言しなかったかはしょっちゅう気にしていました。

そんな感じで私は自分に自信が持てないので、娘には同じ思いはさせたくないと思い、自信をつけさせるためにいろいろと働きかけてきました。
性格的なものもあるのでしょうが、娘は毅然としていることが多く、友達とも仲良くやれているようですが単独行動も平気で、人に流されるということがないですね。
私よりもずっと充実した学生生活を送っているので、安心ですしうらやましいです。

お子さんが興味のある分野で達成感を持つことができれば自信につながりますし、寂しい気持ちもやわらいでくると思うので、お子さんの良いところをこれからもどんどん伸ばしてあげてくださいね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  

コメント

非公開コメント