Post

        

コーヒーの効果・効能

category - 健康
2018/ 11/ 10
                 
私が子どもの頃は、コーヒーはあまり体に良くないといわれていました。
ところが、最新の研究結果から「コーヒーは健康にいい」ということが次々とあきらかになっているようですね。
「がんになりにくい」「肝臓にいい」「消化促進」などなど‥‥

2015年5月には東京大学と国立がん研究センターから「緑茶やコーヒーを飲む習慣のある人は、心臓や脳卒中による死亡リスクが低下する」という発表もあったそうです。

コーヒーや緑茶にはカフェインやポリフェノールが含まれていますが、これらが両方存在することで相乗効果があるとのこと。
日本にコーヒーが入ってきたのは江戸時代のことなのですが、当時はコーヒーは薬としても使われていたらしいです。
なのにいつのまにか、コーヒーが悪いものになってしまったんですね。

私もコーヒーを飲むとがんになりにくいというのは聞いていたので、1日2杯ほど飲むようにしています。
昨年友達がトイレで心筋梗塞になり突然死したので、心臓病もこわいなと実感しており、やはりコーヒーは続けようと思いました。
娘は子どもの頃はほとんど飲ませなかったのですが、最近はときどきスタバなどで注文しているみたいです。
紅茶は毎日2杯飲ませているので、同様の効果があるとうれしいです(^o^)

お子さんに日常的にコーヒーを飲ませるのはちょっと抵抗があるかもしれませんが、脳が活性化する効果もあるので、ミルクコーヒーにしてときどき飲ませてあげるのも良さそうですね。
中学受験塾時代の娘の友達は、塾のテスト前に眠気覚ましのドリンクを飲んでいたとか‼️
たしかにカフェインは入っていますが、ちょっとそれはやりすぎかも💦

適量のコーヒーにはアンチエイジングやリラックス効果もあるみたいなので、それを信じてコーヒーを楽しみたいと思います☕️

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加




                         
                                  

コメント

非公開コメント