Post

        

ヴィジョンを持つ

category - 教育・受験勉強
2018/ 10/ 01
                 
仕事柄、幼児さんのお母様にアドバイスを求められることも多いのですが、私はたいてい
「10年後を見据えた子育てをなさってください。」

とお伝えしています。

子どもの受験期はちょうど反抗期や親の介護・自身の更年期症状などと重なることが多く、その頃になってから口うるさく勉強しなさいと言っても効果がないばかりか、家庭環境や家族の体調の悪化を招く場合が少なくありません。
勉強が楽しいと感じる子どもはそう多くはないですが、小さいときから勉強に親しみをもつように配慮してあげれば学習習慣をつけることは比較的たやすいというのが私の考えです。
食事や歯磨きをするのと同じように勉強することを早い段階からスケジュールに組み込んであげれば中学高校で親がとやかく言わなくても自ら学習課題に取り組んでくれると信じて、娘の子育てをしてきました。
実際東大生は何らかの幼児教育をされてきたケースが多いとも聞きましたね。

もちろん幼少期から家に閉じ込めて勉強漬けというのは良くありません。
外遊びをしたり、ブロックやパズル遊びなどで集中力を養ったり、子どもの好きなように遊ばせたりすることもとても大切なことなので、これらをバランス良く組み合わせて1日を過ごされると良いと思います。
幼児さんにとっては経験することすべてが勉強なのですから‥‥

娘の同級生も親の言うことには耳を一切傾けず浪人してしまった方がいらっしゃいましたが、やはりご本人も親御さんも後悔されています。
反抗期が訪れるのは成長の証なのですが、子どもの人生における重要な局面では親子でじっくり話し合える関係でいられるように日頃から努力することが必要ですね。

私も娘に軽蔑されないように精進します💦

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東大脳は12歳までに育てる! (PHP文庫) [ 谷あゆみ ]
価格:680円(税込、送料無料) (2018/9/23時点)

楽天で購入

                         
                                  

コメント

非公開コメント