Post

        

得意分野を作る

category - 教育・受験勉強
2018/ 10/ 02
                 
得意分野があることは大切であるといった内容の記事を読みました。

たとえば、お子さんのテストの点数が科目によって偏りがある場合、つい「いい成績」より「悪い成績」のほうに目が行きがちになりますよね。
十分な点数が取れているほうはもういいから、悪い点数のほうをしっかり勉強させたいと思うかもしれませんが、あまり平均的に育てようとすると、なかなか才能を開花させることはできないそうです。
出来具合に偏りがあるということは「きちんと自分の得意分野を認識して、集中できている」ということらしいので、あまり心配しすぎるのも良くないのかもしれませんね。

2008年にノーベル物理学賞を受賞された益川敏英先生。
英語が基本のノーベル賞受賞記念スピーチを日本語で行ったことで有名ですよね。
数学や物理、化学は得意なのですが、国語や英語は超苦手だったそうで・・・・
名古屋大学の入学試験でも、苦手科目は捨てていらっしゃったらしいです💦
もちろん、苦手科目を頑張って勉強して得意科目にできれが自信がつくと思うのですが、入試はたいてい総合点で決まるので、ある程度割り切ることが吉と出る場合もありそうですよね。
得意なことが将来の職業につながっていく場合もあるので、やはり得意なことはさらに磨きをかけていくといいと思います。


娘は英語が得意なので、家ではほとんど英語の勉強ばかりしています。
自費で留学させられないのでかわいそうですが、これからも楽しく続けてほしいです(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
駄目ですよ、utokyo318さん!
今日、ノーベル賞の話題を出すなら、
今が旬の医学生理学賞の本庶佑氏の
話をしないと!w


…とまぁ、冗談は置いといて。

スペシャリストはどこの会社も
欲しいものだと思います。語学力が
武器になる会社も多いですしね。

私もなにかひとつ自慢できるような
スキルがあればよかったのですが…(^_^;)
海外留学
こんにちは!
いつも投稿を拝見させていただいています。
お嬢様は英語が好きでお得意とのこと、将来が楽しみですね。
ご承知のこととは思いますが、大学生を対象とした文科省のプロジェクトがあります。私の知り合いも参加しました。
https://www.tobitate.mext.go.jp/univ/
よく言われました
歴史や地理など社会や生物が得意(受験に全く役に断たない教科。笑)だったので、そこだけはTOPクラス。
なのに国数英は振るわずだったので、よく先生から
「こっちに掛ける力を、こっちに掛けれないか」
と言われたものです。
即答で
「それは無理です!」
と言い返していました。笑

好きなものを伸ばす方が、不得意なものをするよりも良いと思っています。

こちらでは高校から、進路に合わせての科目選択になるので、高校から成績が伸びる子は多いです(うちの娘もそうでした)

日本では、高校や大学受験があるので仕方なしにすべて万遍なくしなければいけないのだとは思いますが、こちらのように得意なものを特化していくことの方が、効果的だと思っています。
Re: No title
本庶先生のノーベル賞受賞、本当にうれしいです!
少し特集を見ましたが、非の打ち所がない方のようで、ますます誇らしいですね。

私も、何か1つでも自信が持てるものがあればいいのですが、どれもそこそこという感じで・・・・
子どもの頃から、継続して物事に取り組むことができていなかったからだろうなと思っています。
仕事関係の勉強時間が最近減ってしまっていますが、生徒さんたちのためにも、少しずつでも続けていくつもりです。
お互いあきらめず頑張りましょう!
Re: りゅう様、コメントありがとうございます♫
こちらこそ、お忙しい中お越しいただき、ありがとうございます🎶

教えていただいたプロジェクト、早速娘に話してみます。
大学のスケジュールの関係もあり、参加できるかは分かりませんが、国がいろいろ計画してくださるのはありがたいですね。
先日も大学の海外研修があり、充実した日々だったようです。

これからもできる限り投稿できたらと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
Re: ミコリー様、コメントありがとうございます♫
たしかに、日本の国立大学の入試ではオールマイティーにできる必要があるので、娘を見ていても大変そうだなと思っていました。
学んだことが何かの役には立つのでしょうが、得意科目にもっと時間を割くことができたら、きっと人生も変わっていたでしょうね・・・・

社会がお好きということは、今の海外生活にも影響を与えているかもしれないですね。
またオーストリアのお話も楽しみにしています(^o^)