Post

        

ゲーム依存にならないために

category - 子育て
2018/ 10/ 05
                 
ゲームは昔も今も大人気ですね。
私が小学生のときに任天堂のファミコンが発売されて私も一応持っていましたが、ファミコンは一緒にやる友達と同じ画面を観ているので、みんなで会話もしながら楽しんでいました。
でも今はそれぞれがゲームを手元に持って遊んでいて、友達と公園で集まっていてもほとんどやりとりがなくて少し残念な気がします。
せっかく公園にいるなら走り回って遊べばいいのにと思いますよね・・・・

目が疲れるのが心配だったので、娘には液晶画面を観る時間をなるべく少なくするようにしていました。
それでも娘の視力は落ちてしまいましたが(T_T)
周りの子が持っていたので少し遅れて娘にも任天堂のDSを買ってやりましたが、それまでは友達が家に遊びに来たときはボードゲームやトランプなどをするようにしていましたね。
子ども達も新鮮だったのか、結構楽しんでやっていました。
DSのソフトには中学受験用のものがあったので、家ではそういったものをやらせるようにしていましたね。

家庭でのコミュニケーションが不足していると子どもがゲーム依存になりやすいという調査結果があるので、お子さんがゲームをやりすぎていると感じた場合は家庭でのふれあいを増やしてあげると良いそうです。
自然に親しんだり博物館に連れて行ったりスポーツをしたり・・・・
ゲームに代わる楽しみをお子さんに体験させてあげたらいいですね。
私も毎日しているのですが、同じゲームでも脳トレ系のものなら勉強にも役立ちそうです。
液晶画面にブルーライトカットのシートをつけたりブルーライト対策の眼鏡をかけるようにすると目の負担はかなり軽減されるので、ぜひ取り入れていただければと思います。
目の病気も心配なので💦

子どもが自制することはなかなか難しいので、大人が配慮して適度にゲームを楽しめるようにしてあげるといいですね。
私も認知症対策に脳トレゲーム頑張ります!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
>せっかく公園にいるなら走り回って
>遊べばいいのにと思いますよね・・・・

これは本当にそう思います。
ゲームが登場して以来、子供たちから
人気は不動です。ゲーム自体をやるな
というのは無理があるし、ある程度は
仕方ない。でも、だからこそ、ONと
OFFを切り替えるというか、せめて
外出る時はやめようねって思ってしまいます。

余談ですけど、ブルーライトカットに
ついては、最近、アメリカの眼科学会
がニュースを出して、話題になってま
した。子供にブルーライトカット付き
の眼鏡をかった矢先にこれですよw

ま、真偽がわかるのはまだまだ先に
なりそうな気もします(^_^;)

https://www.lifehacker.jp/2018/10/smartphones-arent-ruining-your-eyes.html
Re: 神田ももたろう様、コメントありがとうございます♫
ゲーム、次から次へと新しい内容が加わり、ますますハマってしまうという感じなんでしょうね・・・・
普段子どもたちと接していて、ゲームをやりすぎている子は学習意欲が低下しているような気がするので、やはり気分転換程度にしていただけたらと思っています。

ブルーライトについての情報もありがとうございます🎶
ブルーライトが目に与える影響については諸説あるようですが、私自身がブルーライトカット眼鏡の効果を感じているので、引き続き使っていこうかと思います。