Post

        

幅広く気配りをする

category - 心と精神
2018/ 08/ 30
                 
トイレで並んでいるとき、小さな女の子に順番を譲ったところ、「後ろの人のことも考えろ!」と怒られた。
そんな内容の記事を読んで、私も考えさせられましたね。
私も、たぶん後ろの人のことを考えずに譲ってしまっていたかも・・・・
でも、後ろの人も切羽詰まった状態なのかもしれないので、やはりそのあたりは考慮して行動したほうがいいなと思いました。
子どもに順番を譲りたいなら、後ろの人にも確認するか、自分は後ろに並び直して他の方の順番に影響がないようにするなどすれば、クレームはつかないと思うので、私も今後はそうしたいですね。
待っている時間って、意外と長く感じるので、怒る方の気持ちも理解できますから。

今の仕事でも、私は生徒の親御さんの立場にも立って考えるようにしているのですが、自分の都合だけを考えて指導している先生もいらっしゃいます。
先生としては、指導について親御さんに介入されないほうがやりやすいのですが、親御さんとしては、お金を払っているのだから希望を伝えたいという思いもきっとあると思うのです。
それなのに、親御さんに丁寧な対応をしないというのは、私は良くないと考えています。
口コミはすぐに広がってしまいますから、生徒数の減少にもつながりかねませんしね・・・・
私たちの塾について、すべての方に満足していただけることを目指して、これからも指導に当たっていきたいです。
先生たちともギスギスしないように、気配りをしていきたいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

心の成長
心身からの気配り意識が育まれている人って、言葉使いに人を労る優しさの気持ちが含まれていたりするだろうと思う。

自然な気配りや心配りの育みには、親がいるのなら親への手伝いをしたり、身体看病や傷等の手当てをしたりとか、人への尊重が含まれた尋ね方をしたり、敬愛や人を思いやる心の成長が必要だろうと思います。

目配り気配り心配り類が成長して行けば、人それぞれが発している言葉使いの異なりや、人それぞれに培われている潜在意識類や行動行為類、人々が現す態度の異なり等、自然と脳内や心情で捉えれるようにも育って行き、見栄え外観や外見判断とは違った人そのものを捉える能力(見る目(みるめ)等)が養われて行くだろうと思います。
Re: ハロー様、コメントありがとうございます♫
言葉遣いを気をつけるようにすること、本当に大切ですよね。
体裁だけ取り繕うのではなく、内面を成長させていけたら、それが自然と言葉遣いにも表れるんだろうなと思います。

きつい言い方をする方の心情がよく分からず悩んだこともありましたが、自分はそうならないようにしようという教訓にはなりましたね。
まだまだ心は成長できると信じて、これからも精進していきたいです。
No title
なんだかギスギス世知辛い世の中になっていますね。(--)

いつも言ってますが、辛辣な言葉を使う必要も、声を荒げる必要もない所でそうしてしまう人がいる。
性格なのでしょうか?
根性が悪いのだろうな・・・と思ってしまいます。笑
Re:ミコリー様、コメントありがとうございます♫
そういう方の精神構造、私も気になります・・・・
きついことを言ってしまうと自己嫌悪に陥るタイプなので、私はぐっと我慢することが多いですね。
もめ事は辛いので、なるべく平和に暮らしたいです。