Post

        

予習の大切さ

category - 教育・受験勉強
2018/ 06/ 30
                 
予習するから感動できるといった内容の記事を読みました。

記事を書かれた方は、映画を見に行くときに必ず予習をするそうです。
ストーリーの要点や登場人物の名前・役割・関係などを前もって頭に入れておくことで、映画の内容を理解しやすくなり、スムーズに映画の世界に入っていけるんだとか・・・・
私はこのごろめったに映画に行きませんが、たしかに、とくに洋画だと誰が誰だか分からなくなってしまうことが以前はよくありました(^-^;
なにせ映画は展開が速いので、私もこの方を見習って、これからはインターネットで予習してから観に行く方がいいかもと思いました。

勉強でも「この子はしっかりとした予習が必要だな」と思うときがあります。
生徒さんのなかには慎重なタイプの子がいて、一度解き方を説明していざやってみようとなると不安になり「ぼくできない!」となってしまうんですよね。
そういう子の場合、今はYouTubeで「割り算筆算」「微分法」などと検索すると解説の動画がいろいろ出てくるので、あらかじめそのような動画を何回か観ておくのもひとつの方法かと思います。
せめて前もってやり方を理解しておくだけでも、学習のハードルはぐんと下がることが期待できますよね。
慣れてきたら動画を倍速で再生すれば、集中力の訓練にもなり一石二鳥です!
大人でも「これ見たことあるな」となると記憶しやすくなるので、お子さんの学習状況が気になる方は、よろしければ、こういうやり方を一度試していただければと思います。

娘も予習していることが多かったですね。
中学受験で通っていた塾は復習主義だったのですが、娘は予習していました。
マイペースな娘なので、きっとそれが合っていたんでしょうね。
人それぞれ好みはありますが、我が家は予習主義でとりあえずうまくいったので、これからもそれでいこうと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

学校の授業とかは予習しておくと確かに理解度、定着度が上がりそうですね。
その一方で、先取り学習をしていると授業を聞く態度がおろそかになり結果として仇になるってこともありそうで、うちでは予習より復習を重視するように子供たちに声掛けしてました。

まあどちらが正解ということは無くて、その子の性格にもよりますかね。

ちなみに映画は私だったら予習なしですね。わくわく、ドキドキを楽しみたいですから。
>映画を見に行くときに必ず予習をするそうです。

いやいや、これは絶対”なし”ですって。
頭空っぽにしてみる最初のドキドキを
わざわざ自分から捨てるのって勿体無い
と思うんですけど(;´Д`)

内容があまり理解できない?
それなら、何度でも見ればいいのです( ー`дー´)キリッ


勉強は絶対”あり”ですw
予習したときの、授業の理解度は
復習するよりはるかに効率でいえば
いいですからね~
Re: スヌーピスト様、コメントありがとうございます♫
おっしゃる通り、勉強のやり方は人それぞれなので、自分に合った方法が確立できたらいいですよね。
塾では内容を先取りしている場合が多いかなと思いますが、学校で復習して、知識を定着させる感じなんでしょうね。

映画の場合、登場人物だけでも把握しておこうかなという思いはあります。
俳優さんの区別がつかないときがあって💦
節約のため、めったに劇場に行けませんが、いつか気楽に行けたらうれしいですね。
Re:神田ももたろう様、コメントありがとうございます♫
私は韓国ドラマを観ているのですが、事前にあらすじをチェックしているときがあります。
辛い局面だったりすると、それがいつ終わるかが分かっていると、安心して観れるというか・・・・
日常生活がドキドキなので、ドキドキはもうお腹いっぱいという感じなのかも💦

勉強の場合は、やはりこまめに繰り返すことですよね。
授業ではすべては網羅できないので、少し予習して、概略を知っておくのも有効かなと思いますね。
今の学習指導要領では、考える力を重視している傾向にあるので、
例えば算数の場合でも、解き方や方法を教えるのではなく、
答えを導くための過程を重視します。
いろいろな方法で生徒に考えさせます。
アクティブラーニングも少しづつ浸透してきていますね。
教科書を開かないで始める授業も多いです。
このような場合、塾や家庭で公式や解き方を学んでいると、すぐに答えを出してしまうので、真っ白な形で授業に向き合えなくなります。
これからは、大学入試でも考える力を重視する方向に舵をきっています。

どの教科も、記憶重視ではなく、自ら考えたり、
皆でコミュニケーションをとる授業方法になってきています。
指導者の力も試される時代になりました。
ですので、できる子は別として、なまじっかの予習をするよりは、復習の方が効果があると私は感じています。
お嬢さんの入試の頃までは、予習の効果はあったと思いますが・・・

Re: すみれママ様、コメントありがとうございます♫
この問題も、やはりその子によりけりでしょうね。
多くの塾や予備校では、学校の授業を先取りしていて、いわば予習しているという形になっていますので、予習が効果的だと考えている方は多いのだろうなという気がしています。
また、予備知識があることで思考力が育つという面もあるかと思うので、結論を出すのは難しいのかもしれないですね。

入試制度も、今より大きく変えることはなかなかできないでしょうしね・・・・
今でも、入試問題の作成や採点が大きな負担になっている先生方なので、正解が一つでないような問題を出すと、ますますその負担は大きくなってしまいます。
予備校に問題作成を外注している学校もあるようですが、そんな学校が増えるのはあまり好ましくないような・・・・

アクティブラーニングはいいですよね(^o^)
「猿真似から創造力が生まれる」みたいな話を読んだことがありますが、これからは、猿真似だけでなく創造力も磨いていかないといけないですね。