Post

        

父親と母親の違いを活かす

category - 子育て
2018/ 06/ 25
                 
父親と母親の違いを子育てに生かすといった内容の記事を読みました。

子育てに関する大まかな方針は、やはり夫婦間で統一した方が良いのですが、それを前提としてうえでの父らしさや母らしさは、どんんどん見せていくのが望ましいそうです。
そうすれば、子どもは両者からいいところを学んだり比べたりできるので、物事に対して臨機応変に対応する能力が身につくらしいですね。

我が家の場合、私は娘には勉強を身近に感じてほしいと思って早期教育をしてきて、主人もそれに反対というわけではなかったのですが、娘に将来生きる力をつけさせようという視点はあまりなく、今を大切にと考えていたように思います。
きっと、女の子に無理をさせたくないという気持ちが強かったんでしょうね。
私は私で、これからは女性も能力をつけないと生きていけないという信念があって、そのあたりが原因で夫婦で衝突したこともありましたが、私もそのぶん一歩引いて考えられるところもあったので、案外悪くなかったかもと思っています。

勤務先の塾では、お父さんがお母さんより教育熱心というご家庭が思ったより多い感じですね。
お母さんにいろいろアドバイスさせていただいても、お子さんの衣食住の世話でいっぱいいっぱいで取り組む余裕がないみたいなのですが、先日お父さんに同じアドバイスをさせていただいたところ、とても前向きなお返事が返ってきて!
でも、たぶん実践するのはお母さんの役目だと思うので、どうなるかは分かりませんが・・・・
そのお父さんは、仕事を通じて社会のさまざまな変化を感じ取っていらっしゃるので、教育にも熱が入っているのかもしれませんね。
最終的にはお子さんが結論を出すことになるのでしょうが、両方の親御さんの考えを参考にして、後悔しない選択をしていただきたいと思っています。

クレームとかも、私は波風立てたくないのですが、主人はきつく言ったりするのでハラハラします💦
とりあえず、娘の教育上良くないことはしないように、2人で気をつけたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
まさに我が家です。
私のイメージでは、お母さんの方が教育熱心な人が多いのかな?と思っていましたが、意外とお父さんも多いのですね。
お父さんの方が会社とかで社会の動きに敏感だからですかね。私は専業主婦でずっと家にいるので、今の教育がどんな感じなのか知りませんでしたが、今は中学受験する子が多いと夫の会社の同僚から聞いて知りました(^_^;)
普段は頼りない夫ですが、子供の教育に関しては我が家も夫が主導だな~と妙に納得しました(^_^)
おはようございます。
読んでる途中に小学校の旗振り頼まれて行ってきた。
こういうのやると子供たちを事故から守るの大変だな。
確かに事故は減らないわけだなと思う。
運転する大人たちの意識の低さが。
日本の交通環境はまだまだだね。
また来るね。
Re: ぐー子様、コメントありがとうございます♫
今の子は、英語は話せて当たり前、プログラミングもできないといけない、などなど、求められるものが多いですからね・・・・
大人になって路頭に迷わないように、早いうちから能力を身につけさせようという動きはたしかにあると思います。
超高齢化社会で、税金や社会保険料もたっぷり徴収されるし、よほど稼がないと貯金もできなさそうですよね💦
子どもはそういったことがまだ理解できないので、親が考えてあげるしかなさそうですね・・・・
Re: タンムー様、コメントありがとうございます♫
旗振り、お疲れ様でした🎶
大人の目があるというだけで、随分違うと思います。
防犯カメラが充実したのも良いことですが、自己防止のために、さらに改善してほしいですね。
私も注意散漫になるときがあるので、気をつけないと!
またお時間あるときぜひお越しくださいね(^o^)
うちの娘は、保育園では泥んこ遊びに熱中し、
小学校では友達と遊んでばかりで、
中学校では、陸上部で長距離とハイジャンプの選手をし、
公立高校では(進学校でしたが)、テニス部三昧でした。
運動部の傍らピアノは高校まで続けましたが。
塾も行かず、ひたすら体を使う毎日で・・・ww

運動部が終わる高3の夏から、本格的に大学受験の勉強を始めたようです。
私は、その頃死ぬほど仕事が大変だったので、
全く娘の受験に関わる暇も体力もなく、「好きな所受ければ」状態w

仕方なく、娘はお父さんに相談するようになり、
それまでほぼ無関心だった夫が俄然頑張り始めました。
お父さんと同じ大学を受けたいという希望もあり、気が合ったようです。

夏休み終わりから1~2月まで二人で頑張っていたようで、
おかげさまで現役合格できました。
(国立受かったけど本人の希望でK大にしました。
国立大から「なんでやねん」的な問い合わせがありました・・・だよねw)

18歳から東京で一人暮らしをし、大手広告代理店に就職し
親に頼ることなく自立して生きています。
運動部で培った体力や精神力は無駄ではなかったと思っています。

高校最後の半年間のパパさんの協力には本当に感謝しています。

Re: すみれママ様、コメントありがとうございます♫
ご主人様、すばらしいですね!
うちの夫は、当時受験に中途半端に関心があり、余計な口出しはしなかったものの、挙げ句の果てに自分の仕事につまずく始末で(>_<)
息子が大変なことになっているそのときに、義母が「今が一番幸せ」と言ったのが???でした。

父親と母親、それぞれ特性があると思うので、そこをうまく活かせたらいいですね(^o^)
子どもの人生がより良いものになるよう、いろいろと努力していきたいです。
>子育てに関する大まかな方針は、
>やはり夫婦間で統一した方が良いのですが

これはあると思います。
うちは幸い、考え方も近く、ほぼ
統一した意見だったのですが、
子育てで揉めるところは大変だなと
思いますね(;´Д`)

父親母親の違いを活かすというテーマ
ですと、私はナチュラルにアメとムチの
役をこなせるのでいいのでは?と思い
ますw
Re: 神田ももたろう様、コメントありがとうございます♫
私も含めて、母親は感情的になりがちなので、お父さん方に客観的な目で見てもらうのもいいかなと思います(^o^)
とくに、男の子と父親の関係は重要でしょうね。
一緒にマラソンをされているというお話は、本当に微笑ましいです🎶
この先も、子どもと良好な関係でいられるようにしたいものですね。