Post

        

子どもに恨まれたくない

category - 子育て
2018/ 05/ 06
                 
自分の不幸の原因が親であっても、親を恨むべきではないといった内容の記事を読みました。
親とは最も基本的で最も付き合いの長い人間関係なので、親のあらはいくらでも見つけられるわけですが、自分の不幸について親に責任転嫁する前に、これまで育ててくれたことに感謝し、自分で事態を打開するために行動することが大切だと書いてありましたね。
親のせいにしているうちは闇から抜け出すことができない。
もちろんその通りだとは思ったのですが・・・・

私の場合、父親は毎日酔って帰宅してきて勉強の邪魔をするし、母親も家にいるときはほとんどテレビを観ている状態だったので、娘である私の将来を考えた子育てをしてくれているとは到底思えず、申し訳ないですが両親を反面教師にして子育てをしてきました。
両親にほとんど文句は言いませんでしたが、もう少し親身になってくれていればということは、どうしても考えてしまいますね。
仕事などで忙しいとかならきっと理解できたと思うのですが、母親は専業主婦で、時間の余裕はあったと思うので・・・・

やはり、親のほうも、できる範囲でいいので、子どもから恨まれない努力はしたいですよね。
それこそ、恨むことよりもっと有益なことにエネルギーを使ってほしいですし、大人になってから恨み節を言われても責任取れないですしね。
時間的にゆっくり子どもの世話をするゆとりがなくても、子どもが幸せになってほしいという気持ちがあれば、子どもはそれを感じ取り、親の背中を見ながら成長してくれると思います。
体調を崩さないようにしつつ精一杯のケアをしてあげれば、子どもは理解してくれると信じて、子育てを楽しめたらいいですよね。

私の両親は、これまでのことを反省しているのかほとんど連絡してこないですし、私も実家に帰るのは正直気が重いという状態なので、娘とはそのような関係ならないことを願っています。
今までの子育ては反省点が多いですが、娘に私の思いが届くよう、これからも精進していきたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

レディースファッションサイ ト【イーザッカマニアストアーズ】

marimekko/IL BISONTEなどでお馴染みの「LOOK @ E-SHOP」(ルック アット イーショップ)
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

成育歴のせいで恋愛や結婚生活が上手く行かない女性も多いのですが・・・

あくまでも持論ですが、20歳過ぎて親元を独立したのであれば、いつまでも親のせい!にするのもいかがなものかな~と思います。

もちろん、虐待やネグレクトなど悲惨な幼少期を過ごしている人も多いので、そのトラウマの重さも辛さも認識はしているのですが、私としては過去にとらわれるよりも未来を見据えて生きて欲しいな~と思います。


愛情は時間の量でもお金をかけた額でもないです。
親の見栄やエゴではなく、本当に親が子を想う気持ちがあれば、子供にも必ず伝わると私も思います。(^^)

Re: ミコリー様、コメントありがとうございます♫
貴重なご意見をありがとうございます🎶

こうなったのは親のせい。
なかなか外ではおおっぴらに言いにくい内容ですし、すべてその通りというわけではないですが、自分を一番大事にできるのはやはり自分なので、ときにはこういった思いを吐き出すのも悪くないかなとは思っています。
すべて自分のせいにしてしまうと、結構苦しくなってしまいますからね💦
また、そういった思いが私の子育ての原動力になってくれたので、かえって良かったのかもしれません(^o^)

娘も手がかからなくなりましたが、人生を長く生きるものとして、必要なアドバイスはしていきたいと思います。
後悔の少ない人生になるよう、応援していきたいです!
いろんな理由はありますよ。
感情をぶつけたくなる事もあるでしょう。お互いに抱えているもの、見えている景色が違うからこそ、子供さんにとって強烈なものを薄める為には、日々に流されない小さな工夫、一歩の積み重ねが必要となってくるのだと思います。
子供も大人も、日々注力しているものもあるけど、大切な時期をという思いが強いと、何とも言えないかもしれませんね。
子供の時は、その時そのときが強いと思います。大人になると過去の量が増えていきます。今の使える資源が見えずに、過去の檻の中に閉じ込められたと思いこんだまま、今に飛び込める勇気を育てられないと・・・なのかな!?
大人になっても薄めきれずに引きずったり、忘れたくなるような事を何かに向かってしまい、迷惑をかける事はあるかもしれません。
お互いの立場を抱えながら、相手を理解できる姿勢を持つことは、生きていく中での課題ですね!
ポジティブもネガティブも、自分にとってのパワーとして良い変換作業ができる能力は養っていきたいですなぁ~。
自分に酔って、utokyo318さんのブログにお邪魔しちゃいましたが、迷惑かけちゃったかな(^-^;?
見る視点を変えていきましょう!
いつも、おじいさん4051のコメントは長めで、ポイントのしぼれない内容ですが、返事のコメントうれしいですよ。
酔ってる時しか、照れくさくて娘とコンタクトとれなかったのかな?
実は、あの時は・・・なんて話で、行き違いは世の中にたくさんあったりするんだろうなぁ。
utokyo318さんの返事の様に、声をしっかり相手が受け取りやすいように届けられたら、なのかな!?
こころにスポットがあたるようになって、多くの方が言うようになったのも20~30年くらいあたりからに感じるけど、昔の方はどのように暮らし、昔の常識にとらわれて生きていたのかな。
見てるスポットは変わったけど、変わってないのかな?
人はどうあれ、日々に流されずかな(*^^)v{それでは!)


Re: おじいさん4051様、コメントありがとうございます♫
お忙しい中アドバイスいただき、ありがとうございます🎶

前向きにいろいろと努力していかないといけないのはもちろんですが、ときには自分を慰めてあげたくなってしまうんですよね(^_^;)
私の場合は、親へのこのような思いをエネルギーに変えることができましたが、そうでない子もいると思うので、子どもが小さいときの親の関わり方というのは本当に大切だと思います。

私の親が子どもだった頃は、その親である私の祖父母は「子どもを養ってやっている」という感覚だったようで、親はそれをそのまま踏襲してしまっているんではないかなという気がしています。
でも、時代は変わったんですよね。
少子化の影響もあり、私たちの世代以降は今後大変な思いをする確率が高いわけですが、もう少し、親たちがそういったことに思いを馳せてくれていたらなあと思わずにはいられません。

親孝行をしようと思ったら、私たち子どもに高い能力があるか財産があるかでないと厳しいというのが現実かなと思うので、悩ましいところですね・・・・
今は自分たちが生きるだけで精一杯なのと、両親は遠方にいるので、どうなることかと今から心配しています。
でも、娘に対して恥ずかしくないように行動したいですね。