Post

        

文武両道

category - 教育・受験勉強
2017/ 04/ 21
                 
東大野球部の宮台康平投手についての記事を読みました。
法学部4年の宮台さんですが、今秋ドラフトで1位指名されるのではないかと噂されていますね。
昨年右肩痛で登板機会が減ったようですが、今年はフォームを改造して奮闘されています。

お父様が高校野球部の監督経験があるそうですが、宮台さんも天性の才能と努力で現在のような実力をつけしかも学業もしっかりこなすという、まさに文武両道の生活‼️
高校は公立で一般的には私立よりも進度が遅いと思うのですが現役で東大に合格されているようで、時間をとても有効に使われていたんだなとただただ尊敬です。
宮台さんは講義は本郷キャンパスで受けていらっしゃると思うのですが、野球部のグラウンドはそこから40分ほどかかる駒場キャンパスにあるみたいで‥‥
住まいがどちらか分かりませんが、日々のキャンパス間の移動も結構大変だなと思ってしまいました。

娘は小学校低学年のときスイミングの選手クラスに在籍し、ほぼ毎日プールで泳いでいました。
体格は細いほうなのですがたまたまコーチからお声をかけていただき、良い経験になればと思ってしばらく続けていました。
その頃はあまり勉強する時間が取れなかったので、幼児のうちに先取り学習をしていたことが結果的には役に立ったようです。
幼稚園の頃も歩いて通園し、駅2つ分くらい歩いたこともありましたね。
年中のときに自転車をコマ無しにし、年長のときは一輪車に乗っていました。
スキーにもときどき連れていき、中学生くらいまでは滑っていました。

私自身運動があまり得意ではなく親からも働きかけがなかったので、娘には運動を楽しんでほしいと思い、いろいろ体験させましたね。
でも小学校高学年以降は完全に勉強中心の生活になり、文武両道とはとてもいえない状態でしたが(>_<)
有酸素運動は脳を活性化するといわれているので、気軽にできることは私も娘もやっていきたいと思っています。

勉強と部活の両立はとても大変で、帰宅しても体が疲れて学習意欲も薄れがちですね。
それでも、部活で集中力が養われているので、意識が勉強に向けばすごい成果を出せると思います。
やはり進路について日頃から親子で話しあって計画を立てておくことが大切ですね。
部活で結果を残せば推薦で有名大学に入るという方法もあるので、そのあたりについても情報収集されることをお勧めします。
大切な思春期なので、充実した学生生活を送ってほしいですね。

娘も宮台さんみたいな彼ができないかしら‥‥
つい欲を出してしまう母なのでしたf^_^;

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  

コメント

非公開コメント