Post

        

被害者意識の強い子への対応

category - 子育て
2018/ 01/ 30
                 
被害者意識が強くて、先生や友達から言われたことを根に持ってしまう子、娘の友達にもいました。
お父さんは開業医でちょっと気難しいところがあるらしく、お母さんはおおらかな方でご一緒するととても楽しく過ごせるのですが、お子さんのことではとても悩んでいらっしゃいましたね。
中学でお子さんが不登校になってから疎遠になってしまいましたが、お子さんは実は発達障害があり高校も留年したと人づてに聞きました。
お子さんと娘は同じ習い事をしていた時期もあり親子で仲良くさせていただいていましたが、お母さんはできる限りお子さんの言い分を聞いてあげていて、私も見習わなければとよく思ったものでした。

私も友達とのトラブルで不登校になった経験があります。
経緯はなぜかすっかり忘れてしまっているのですが、自分には味方がいないんだと落ち込んでいたことはしっかり覚えていますね。
父親は論外だし、母親も話は聞いてくれるのですがなんだか頼りないというか・・・・
学校の先生も
「時が解決する。」
でおしまいでした。
私にもきっと非があったんでしょうが、当時は全く分からず、暗闇の中でもがいていたような感じでしたね。

こんなときに大切なのは、まずは子どもの気持ちに寄り添い共感してあげることだと思います。
「あなたの味方よ。」
と言ってもらえるだけで、お子さんはかなり救われるはずです。
ただ、別の方のケースですが、あまりにお子さんに共感しすぎてご両親が相手の家に怒鳴り込み、地域で居場所がなくなったということもあったので、冷静な部分も必要だと思います。
気持ちが落ち着いたら、お子さんの行動を振り返る時間を作ってあげれたらいいですね。


私が子どもの頃あまり良い思い出がなかったので、今の子ども達にはできるだけ楽しい時間を過ごしてほしいです。
子ども達の笑顔がいっぱいになるよう、私も願っています。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

長男が小学3年生のときの担任の先生に言われたことがありました。

「被害者意識が強く、すぐにおれてしまうので叱れない子がいるので、その子の代わりに長男くんを叱ってしまいます。
でも怒られてもケロッと明るくしてくれてるのでいつも感謝してます。」

って・・・
をいをい~と苦笑いしました。

盲目的な溺愛でなく、子供を愛し認めるということは本当に大事ですよね。




No title
気持ちに寄り添う事がもっとできるといいのですが。
私の反省点です(T-T)

寄り添った上で、落ち着いてから子供の悪い部分も話し合う。それが、理想なのですが未熟な母なのですぐに悪かったところから話してしまいます。
これでは、子供もお母さんに話したくない!と言う風になってしまいますよね(-_-;)

これからどんどん思春期を迎え、話してくれることも減ってくると思うのでもう少し(話しやすいお母さん)目指して、まず子供の話にちゃんと耳を傾ける事からやり直します!
Re: ミコリー様、コメントありがとうございます♫
長男さん、とんだとばっちりですよね💦
叱り方は本当に難しいですが、長男さんのお友達にも正しく伝わらないといけないと思うので、担任の先生もそのあたりもうちょっと勉強されたら良かったかも・・・・
でも、すぐに気持ちを切り替えられるのは素晴らしいことですね(^o^)
私もそうなりたいです。
Re: kimi様、コメントありがとうございます♫
私も、自分の気持ちにゆとりがないので、娘に対して感情をむき出しにしてしまったことがあり、今も反省しています💦
娘があまり気にしない性格なので救われましたが、責めたあとは何倍も褒めるようにして、相殺できたかな?と無理やり思うようにしていました(^◇^;)

反省も大切ですが、我が子を大切に思う気持ちはきっと伝わっているはずなので、自分を責めすぎないようにもしたいですね(^o^)
完璧な親はいないので、少しずつ改善していくつもりで頑張ります!