Post

        

辞書を引く習慣をつける

category - 教育・受験勉強
2018/ 01/ 29
                 
分からないことがあれば辞書を引く。
これがなかなか面倒ですよね💦
私の勤務する教室でも、事前に英単語の意味を調べないまま英語の宿題をやってくる子がいます。
毎回そんな感じなので
「おうちの人に頼んで調べてもらってもいいよ。」
と思わず言ってしまいました(^_^;)
自分の勉強のことなのだから自分で解決するべきではあるのですが、分からないことをうやむやにしたまま次に進むよりはましだと思って・・・・
そのお子さんは自分を過大評価しているふしがあり、親御さんも学習にノータッチのようなので、対応に頭を悩ませているところです。

英語でも国語でも、基本的には文章をたくさん読むことで言葉の知識がついてくるのですが、分からない言葉が多いと文章を正しく理解することができないですし、辞書で調べるにしてもとても時間がかかってしまいますよね。
そこで、まずは英単語集や国語の語彙集に複数取り組んである程度は言葉の意味を覚えておく必要があり、そのうえで知らない言葉については辞書を引いて意味を確認するという姿勢が大切です。
文章が理解できないと当然問題も解けないので、学習意欲の低下につながってしまいますからね・・・・

紙の辞書と電子辞書のどちらが良いかも意見が分かれていますね。
うちには紙の辞書もありましたが、娘は小学校高学年から主に電子辞書を使っていました。
去年大学生協で大学生モデルを買いましたが、これが3台目で結構お金がかかっていますね(+_+)
東大受験については、電子辞書で十分対応できるのではないかと思います。
たくさんの辞書がコンパクトな機械に入っていて、とても重宝していたようです。
私が学生の頃は電子辞書はまだメジャーではなかったので、今は本当に便利になってうらやましいですね。

辞書を引くという地道な作業を怠っているとなかなか成績は伸びてくれず学ぶ楽しさも半減してしまうので、お子さんのレベルにあった辞書を用意していただき、辞書と親しんでいただければと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村






                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

最近、広辞苑の新版が出たとのニュースがありました。
広辞苑はもっていますが、新版を今回は買っていません。
英語は、旺文社の「オーレックス英和辞典」、ドイツ語は、三修社の「新現代独和辞典」です。
電子辞書の利点は、外国語は発音のチェックができることです。
辞書も高くなりましたから、英和、和英、英英、独和、和独、独英と買い揃えるのはかなり金額が高くつきます。
そのほかにロシア語の語彙の少ないものも買っていますので、出費はバカになりません。

かつて、多湖輝氏の「ホイホイ勉強術」という本を読みました(多湖輝氏は私の出身校、府立四中=現都立戸山高校出身者です)。
その中で「辞書のシミやアンダーライン、書き込みなどが記憶の強化になる」とありました。
また紙の辞書は、愛着がわくという利点もあります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E6%B9%96%E8%BC%9D

私も電子辞書を使って20年経ちます。(;^_^A
たぶん出始めのころから使ってるかも・・・
英語だけが必要なので、英単語が一番入ってるものを購入していました。

英語の電子辞書がないと生活が出来ないので、絶対に欠かせないものですね。
国語辞典は今だに紙のを使っています。笑

面倒くさいとPCで調べたり・・・今はなんでも便利になりました。
ありがたいことです。
Re: さんかくたまご様、コメントありがとうございます♫
電子辞書はとても便利ですが、紙の辞書は他の項目も見渡せるのがいいですよね(^o^)
多湖輝さんのその本 、多分以前読んだ気がします。

私も今はもっぱら電子辞書使用ですが、紙の辞書は使うごとに自分になじんでくる感じがして、それはそれで魅力的だなと思います。
ただ、かさばるというのが狭い部屋の我が家には辛いところで・・・・
とりあえず、自分に合った方法でいいので、分からないことはうやむやにせず調べるという習慣をつけるようにしたいものですね。
Re: ミコリー様、コメントありがとうございます♫
電子辞書の無料アプリもありますし、今はとても恵まれていますよね〜(^o^)
勤務先の塾には外国人の生徒さんもいらっしゃるので、翻訳のアプリを使ってコミュニケーションを取っていて、そちらも重宝しています。

こういったツールが充実していることで、調べることを面倒に感じにくくなってきているのが本当にありがたいですよね。
これからもどんどん活用させていただきたいです。