Post

        

子どもは外で頑張っている

category - 子育て
2018/ 01/ 28
                 
学校では先生や友達からの評判が良いのに、家ではダラダラして親が注意してもどこ吹く風。
そんなお子さんについて悩んでいるというお話を聞くことがあります。

私も娘もどちらかというとそんなタイプかなと思います。
私の場合、子どもの頃は友達付き合いに戸惑うことが多く両親にもあまりかまってもらえなかったので、周りの注目を集めたくて学級委員に立候補し、クラスのまとめ役として自分なりに頑張っていたときもありました。
学級委員になったんだからしっかりしないとということで、今思えば学校では相当緊張した生活を送っていたと思います。
その反動で、家では寝ころびながらテレビを観ていて、手伝いもほとんどせずだらけていましたね。
娘も学校では課題や役目をこなし友達とのトラブルもほぼゼロという感じで来たのですが、家ではなかなか物が片付けられなかったり支度が遅かったりで、外では大丈夫かとハラハラするときもあります。

娘には一応注意はしているのですが、親の私が家事をそつなくこなすタイプではないので説得力もなく(><)
私の子ども時代と同じく、娘も家ではリラックスしたいんだなと思うようにしています。
娘も外で辛いのを我慢している場面もあるでしょうし、ずっと張りつめていたら体や心がまいってしまうかもしれないですよね・・・・
しまいには私も
「外でボロが出ないようにしないとね。」
という中途半端なアドバイスをしてしまいます(^^;

娘の周りの東大生でも、単位をいくつも落としたり寝坊して待ち合わせをドタキャンしたりする方がいるのですが、娘は今までそういったことはなかったので、家での様子には多少は目をつむるようにしています。
その代わり、できたことはほめてあげたり、辛いときは寄り添ってあげるように心がけたいと思っています。


子どもが頑張っている部分は認めてあげて、よくない部分は話し合いながら改善していけたら、親子とも楽になり家もくつろぎやすくなると思うので、気長に考えていきたいですね。
先生や友達から信頼されているなら、きっと世渡りもうまくやれると信じましょう(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

親がある程度の事を教えている家の子供は、外では案外きちんといしているものです。(^0^)

うちの子も同じで、家では片づけもせずダラダラでしたが、中学で寮に入ったとき、部屋のキレイさでなんと寮のロールモデルになったほどでした。笑

私もその部屋を見ましたが、ベッド下の収納引き出しの中もキレイに整頓され、驚きました。(;^_^A
ちゃんと私のしてることを見てたんだな~と嬉しくなりました。

なので、家でだらけていても大丈夫!!
外ではみな頑張っているんですよね。笑




No title
娘も外では頑張っているようです。
家では全くですが・・・

utokyoさんのように広い心が持てないわたしはつい怒ってしまいますが、最近はもう諦めモードです。
でも、朝友達との約束の時間に遅れそうな時はついつい怒ってしまいます。
人に迷惑をかける人にだけはなってほしくないと思っています。

本当に自分も中学、高校の時は娘のようにダラダラだったんだろうな。と思います。

そう思ってもう少しイライラせずに接しようと、utokyoさんのブログを見て反省です(T-T)
Re: ミコリー様、コメントありがとうございます♫
外でも家でも頑張れと言われたら、子どもも気が休まらないと思うので、できるだけ家ではくつろいでほしいと思いますね。
うちの娘がミコリーさんのお子さんのようにできているかは??ですが、もう信じるしかありませんね(^_^;)
とりあえず、外ではこうしなければならないということは伝えるようにしていますし、今はネットで情報が調べられるので、自分で対処する能力も身につけてほしいです。

私は家では本当にぐうたらしていて・・・・
情けない限りです💦
Re: kimi様、コメントありがとうございます♫
家では親に甘えたい気持ちもあるんでしょうね・・・・

私も、時間とお金のことに関しては、特にしっかりと言い聞かせてきました。
そのあたりがきちんとしていないと、周りからの信頼がなくなってしまいますからね・・・・
私が主婦の鏡とは程遠い人間なので、とやかく言いにくいというのもありますが💦
kimiさんがおっしゃるように、人に迷惑をかけても平気という人間にはなってほしくないので、これからも必要なことは教えていきたいと思いました。