Post

        

子どもの成長を手助けする

category - 子育て
2017/ 09/ 30
                 
子どもの育ち方は、親が決めるのではなく、子どもに任せたほうがいいといった内容の記事を読みました。

我が子がどのように育ってほしいのか、やはり親としては何らかの希望をもっていますよね。
でも、それを子どもに押し付けることがあってはいけない。

記事にはそう書いてありました。
また、どんな子に育つかは親が決めることではなく子どもが決めることで、実際に成長するのは子ども本人なので、親はあくまでも子どもの意志を尊重すべきだとも書いてあり、私もハッとさせられましたね。
子どもの才能を無視して、親の欲で育てようとすると、子どもはひねくれるし、子どもの進路を無理に変えようと強制させると、子どもの向上心や成長意欲が失われるということらしいので、私も本当に気をつけなければと思いました。

私たちは関西人なので、娘もはじめは京大を志望していました。
もちろん、京大も素晴らしい大学ではあるのですが、娘が中学生のときから主人が東京に単身赴任をしていて、しばらくは東京での生活になりそうだったので、経費削減のために娘に東大をすすめてしまったという経緯があって💦
最初はしぶっていた娘ですが、偶然娘の高校の同級生の子も東大志望になったので、いつのまにか娘も東大志望に変わっていましたね。
今のところ無事に大学生活を送れているので安心していますが、そうでなければ私も自分を責めていたと思います。
入学後は、さすがにいろいろ口出しするのははばかられたので、できる限り干渉せず、見守るというスタンスでやっています。

私は今までの人生で後悔が多く、つい娘に多くを託してしまいたくなるのですが、期待はしても指図や命令はしすぎないようにしなければと考えています。
娘には人生を楽しんでほしい。
私も必要があれば、できるだけ支えていきたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  

コメント

非公開コメント