Post

        

塾との相性

category - 教育・受験勉強
2017/ 09/ 20
                 
我が子に最適な塾を選ぶには、我が子の性格と処理能力を考えると良いといった内容の記事を読みました。

評判の良い塾に行かせていても、授業が理解できていなかったり宿題がこなせなかったりすると、子どもも苦痛ですし時間やお金がもったいないですよね。
広告には素晴らしい成果ばかり載っていますが、私はいつも「誇大広告だな」と思いながら見ています。
負けず嫌いの子なら順位が公表されて競争させるような塾が向いているかもしれませんし、処理能力が低い子は宿題が少ない塾のほうが良いかもしれないので、成果を感じられない場合は塾を変えるのも1つの方法かもしれませんね。
受験というのは競争が不可欠で、処理能力というのはとても重要ですが、マイペースな子もけっして受験に向いていないわけではなく、むしろ一喜一憂せず淡々と取り組めるというメリットもありますから、お子さんに合った塾で頑張れば結果はついてくるのではないかと思います。

娘も超マイペースな子ですが、あまり落ち込まない性格なので、中学受験のときは上位者の順位がはり出される塾に行かせました。
東大に入学して、キャンパス内で当時娘と同じように名前が載っていた方に声をかけていただいたそうで!
あの頃親の私はかなりプレッシャーを感じてしまっていたのですが、娘からその話を聞いて、順位が公表されるのも悪くなかったかなと感じさせられましたね。
高校生のときは、東進やスタディサプリ、YouTubeといった映像授業を自宅で受講していました。
学校の宿題が多かったので、宿題がない映像授業はありがたかったですね。
睡眠もしっかりとりたいタイプだったので、自宅で受講できて重宝しました。

塾に行く一番の目的は志望校合格だと思うので、塾の広告だけでなく口コミなども調べていただき、お子さんが楽しく通えそうな塾を探していただければと思います。
成果を上げるには家庭学習が大きな役割を果たすので、塾の授業内容を定着させるためにもぜひご家庭でも頑張ってくださいね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  

コメント

非公開コメント