短所も必要

2017/ 09/ 08
                 
子どもは短所があるから才能が伸びるといった内容の記事を読みました。

私たちはどうしても短所を悪いものだととらえがちですよね。
でも、他の人に劣っている部分があると感じることで、それを補おうとする力が強くなり、さらに努力することができるそうです。
スポーツが苦手なら勉強を頑張る。
勉強が苦手なら楽器の練習を懸命にやる。
すべてのことが得意な人はそういませんから、苦手なことを克服するのも1つの方法ですし、別のことを得意にするという選択もたしかにあるなと思いました。

記事には、エジソンやベートーベンの例が挙げられていました。
エジソンは、協調性が欠如していて小学校も退学になったようですが、そのあと独学して傑出した発明家になり、ベートーベンは、難聴に悩んだことで音への執着が強くなり、後世まで伝わる数多くの名曲を残しました。
受験に関係深い方だと、受験の神様といわれている和田秀樹さんはすごく運動が苦手でいじめられていたので、勉強を必死にやることで自信をつけ現役で東大理Ⅲに合格、現在は精神科医や文筆家として活躍されていますね。
コンプレックスを跳ね返す反動力のある方はやはり活躍されているな・・・・
あきらめない姿勢はすごく尊敬します。

私は苦手なことが多く得意なことがないのですっかり挫折してしまっていましたが、文章を書くのはわりと好きなほうなので、つたない文章で恥ずかしいですが、少しでも長くこのブログを続けていきたいです。
これからも、おつきあいいただければ幸いです(*^-^*)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







スポンサーサイト
                 

コメント

        

昔、何かで(心理学系)ネガティブ
な力の方が強い、という記事を読んだ
ことがあります。

短所をバネに、自らの長所を伸ばすことが
できればこんなに素晴らしいことはない
ですよね~

私も性格上、短所はもう仕方ないとして、
長所を伸ばすほうが好きです。
江戸の仇を長崎で討ちたいタイプです^^;

>少しでも長くこのブログを続けていきたいです。

継続は力なりですよね。私も大昔から
HPやらなんやらで文章をそれなりに書いて
いますが、下手は下手なりに上達はしてる
かな・・・と。(過去に自分の書いた
駄文を読むと泣きたくなりますが(^_^;))
Re: コメントありがとうございます♫
短所ばかり気にするのではなく長所をもっと伸ばすようにすれば、自信にもつながりますよね。
子どもたちにもぜひそうしてほしいと思っています。
私たちも、あまりいろいろ気にしないようにしたいですよね(^o^)

HPも作られていたんですね!
私は入力だけで精一杯で💦
でも、自分の考えを発信するのは楽しいですよね🎶
私は文章を書くのも結構時間がかかるので、早く慣れるよう頑張ります!
ハッとさせられました
なんでもそこそこに出来てほしいと思って育児をしていました。苦手なことも人並みには出来るようになりなさい。と、お尻を叩いてました。でも、、、短所も認めてあげられるように私が変わりたいです。勉強になります。これからも更新楽しみにしています。
Re: コメントありがとうございます♫
短所が克服できれば一番いいのですが、どうしても改善できなければ他の部分で補うという考え方もありかもしれないですね。
私も短所が多くて大変ですが、少し気が楽になりました(^o^)

家庭保育園、少しだけやっていたので懐かしいです!
今の子どもたちは、知識だけでなく英会話・ディスカッション・プログラミングなど、いろいろできることを求められているので、私も早期教育をしておいた方が後々子どもが楽かなという気がしています。。。
今のところ毎日更新していますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします🎶