よその子と比べてしまう・・・・

2017/ 08/ 27
                 
よその子とではなく、自分と比べるようにするべきだという内容の記事を読みました。

人と競争することでやる気が出てくる場合ももちろんあるわけですが、競争に負けてしまった場合、1番以外の子はどうしても不満が残りますよね。
それをばねにしてまた頑張ってくれればいいのですが、それは子どもには結構ハードルが高いみたいです。
よその子よりも、以前の我が子と比べてどうなったかという視点で見れば、子どもは日々成長していますから、喜ぶことが増えて心の負担も感じにくくなるんでしょうが・・・・
でも、これが相当難しいんですよね💦

小さいときは、娘より遅く生まれた子が娘より早く歩き出したので悩み・・・
娘は1歳から公文をしていたのに、中学受験塾の模試では娘より上位の子がたくさんいるというのでまた悩み・・・・
今になってみると当時は偏った考え方をしていたなと思えるので、勤務先の塾でも、親御さんにはよその子と比べないようにお話はしているのですが、比べてしまう心境も痛いほど分かります。
しかし、親御さんからの過度のプレッシャーでお子さんが挫折しないようにするためにも、親御さんのプライドを傷つけないようにしつつ、これからもアドバイスさせていただこうと考えています。
教室長の話によると、小学生のとき分数の計算が極端に苦手だった生徒さんが公認会計士になられたそうで!
本当に、子どもは無限の可能性を秘めていますよね。

娘は何とか大学受験を突破しましたが、このままでは、就職してもたぶん他の大学の方と給料は変わらないと思うんですよね。
ときには競争も必要でしょうが、やはり自分を磨かないと周囲の評価は得られないと思うので、娘にはこれからもさらに努力して、後悔の少ない人生を送ってほしいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーサイト
                 

コメント