組み体操

2017/ 08/ 23
                 
運動会で組み体操に取り組む学校が以前より減っているという記事を読みました。

私が子どもの頃は、組み体操といってもピラミッドもそんなに高くはしなかったですし、危険という認識はなかったのですが、最近では高さがものすごく高いものもあるみたいで、完成するとたしかに感動はするのですが、同時に大丈夫だろうかと心配にもなってきて・・・・
実際にけがもあちこちで起きているようですが、今までは組み体操をするかどうかは各学校の判断に委ねられてきたみたいですね。
そして、最近になってようやく教育行政が対応するようになってきたので、安全に実施できないと判断した学校は組み体操を中止するようになったらしいです。

組み体操が成功するとたしかに達成感を強く感じることができるでしょうが、子どもたちは普段からそれ相応のトレーニングをしているわけでもなく、運動会の練習をする時間も減っているみたいなので、やはりなかなかハイレベルなものはやりにくいのではないかと思いますね。
運動会当日はテンションが上がっている状態になりやすいので、思わぬアクシデントも起こりやすい気がします。

周りに補助の先生がついてくださっていても、いざピラミッドが崩れだしたら先生方もそれを止めることは不可能ですしね・・・・
とにかく子どもの安全が第一なので、実施される学校は対策を万全にしていただきたいと思います。

私が中3のときは、組み体操の代わりに「組み立てダンスコンクール」というものがありました。
音楽や振付を生徒たちで考えて運動会当日に披露するのですが、それもなかなか良かったですね。
一体感や達成感を感じることができましたし、とくに危険を感じることもなかったです。
組み体操も、安全で楽しくできるものもあるようなので、そういったものを取り入れることも検討していただき、事故のない運動会にしていただきたいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







スポンサーサイト
                 

コメント