親交を深めるためのお金

2017/ 08/ 10
                 
親交を深めるためにはお金を惜しめずに使うべきだという内容の記事を読みました。

人と交流しようと思うと、大なり小なりお金がかかりますよね。
もったいないという気持ちもなきにしもあらずですが、一人で過ごすより楽しく過ごせたり、貴重な体験ができたりする場合も多いので、そのときに使ったお金は無駄だとは思わないほうが良いそうです。
この記事を読んで思い出したのが、精神科医であった故・斎藤茂太先生のことでしたね。
随筆家としても活躍され、多忙な日々を送られていた斎藤先生ですが、どんなに忙しくてもパーティーなどの集まりにはわずかな時間だけでも顔を出すようにされているというお話を著書で読み、精神科医の方が心がけていらっしゃる習慣なのだから、たぶん精神衛生上も良いのだろうと思ったものでした。
もちろん、斎藤先生の場合は経済的な心配は一切なかったでしょうから、私がまったく同じようにすることはできないのですが、それ以降、可能なときは私も斎藤さんを見習うようにしています。

娘にもつねに「有意義なお金の使い方をするように」と話してきましたね。
浪費をしないように教育してきたせいか、費用が発生するイベントに参加するときに迷う癖がついてしまったようなので、娘にとって良いと思われるものについては、お金のことを気にせずに参加するように伝えています。
何でもかんでもケチケチしていたら、娘も成長できないですからね・・・・
留学とか高額なものは給付金からでお願いできるとありがたいのですが、きびしいかも💦

7/9の記事に書いた山崎直子さんの講演があったイベントも実は費用がかかっていて、交通費も含めると数千円の出費だったのですが、迷わず参加しようと思いましたね。
ここぞというときにお金を使えるように、懸命に貯蓄に励もうと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







スポンサーサイト
                 

コメント

        

>ここぞというときにお金を使えるように、懸命に貯蓄に励もうと思います!

全てはこの言葉に集約されていますね。

金銭的な投資だけでなく、自ら(子供
含む)の能力・知識を伸ばすことへの
投資は、やはり怠るべきではない
ですしね。
Re: コメントありがとうございます♫
本当に、おっしゃるとおりだと思います。
時間は絶対に戻すことができないので、悔いのないように、自己投資をしていきたいですね。
林修先生も「正しい努力は報われる」とおっしゃっているので、それを肝に銘じて頑張りたいです。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。