Post

        

再び来年大学受験生母と

category - 教育・受験勉強
2017/ 03/ 30
                 
今日夕方自宅に戻るのですが、帰省して昔からの友達と会っていると本当に時間があっという間に過ぎてしまいました。
娘が東大に合格して自分も関東に引越したのは後悔していないのですが、娘が大きくなってからの引越先ではママ友もできず少し寂しい生活を過ごしているので、何となく自宅に戻りたくないなあと思ってしまいます。

昨日は26日にお会いした方と再びお会いしました。
その方の息子さんは国公立大学に行きたいそうなのですが、きっと何とかなるという自信はあるけどなかなか行動が伴っていないようです。
普段の会話は親子で楽しくされているみたいなのですが、勉強については干渉されたくないようで、お母様も悩んでいらっしゃいました。

文系の息子さんですが模試の成績で国語が悪いらしく塾に行くことを検討されていたので、有名な先生の名前を何人か教えてあげました。
娘は高1から林修先生の授業を受けて成績が伸びたのですが、その息子さんには合わなかったようです。
受験する大学の二次試験に国語が必要なければ今からセンター試験対策をすれば充分間に合うと思うので、来年の受験に向けて苦手を克服してほしいです。

国語はとくに学校の授業だけではうまくいかないケースが多いんですよね……
娘が小さいときは月に2回は図書館に行きさまざまなジャンルの本を14冊ずつ借りていましたし、童謡のCDもよく聞かせていて公文の国語もしていたのですが、中学受験のときから国語に悩まされてきました。
林修先生のことはテレビに登場される前から合格体験記からの情報で存じ上げていたので、娘に体験授業を受けさせてそのまま東進に入会しました。
結局東大二次試験の国語はごく普通の成績でしたが、林先生のおかげで問題が解きやすくなったようで受講して良かったそうです。
林先生はたしか参考書を執筆されていないと思うのでまず東進に出向かないといけないのが残念なところですが、東大受験生には評判の良い先生なので、東大受験される方は一度体験されても良いかと思います。

今回の息子さんも親御さんと話し合って、最良の方法を見つけてほしいです。



                         
                                  

コメント

非公開コメント