教材は結構買いました!

2017/ 08/ 04
                 
受験に関してはまず徹底的な情報収集をするべきと考えている私。
中学受験のときも、大学受験のときも、受験情報の本や合格体験記はたくさん入手して、何度も何度も読みました。
もちろん英検受検のときも同じです。

学校や塾の先生も、クレームを恐れてかありきたりなことしかおっしゃらないので、独自にリサーチしていくしかないと思って・・・・
インターネットの教育掲示板「インターエデュ」や2ちゃんねる、東大受験ブログやYahoo!知恵袋などにもお世話になり、とても助かりましたね。

いろいろ調べていくと、どのような教材を使うのが良いのかがだいたい分かってくるので、娘が使うかどうかにかかわらず、私は評価の高いものはとりあえず購入して、本棚に置いておくようにしました。
当時、我が家には大きい本棚が2つと小さい本棚が1つありましたが、気がついたら教材や受験関係の本でいっぱいになっていました💦
ロングセラーの教材はだいたいはずれがないと思い、私たちの頃からあった、物理の「難問題の系統とその解き方」(難系)も一応買いました。
結局娘はやらなかったので、ちょっと心配もしましたが、学校の教材や東進の苑田先生の授業で対応できるとのことだったので、信じるしかありませんでした。
それにしても、難系は今なお多くの受験生に支持されていて、色あせない名著なんですね。
もちろん物理についてはかなり好みが分かれますが、それでもこの息の長さはすごいと思いました。

一般的には、昔からヒットし続けている教材には一読の価値があると思うので、できればそちらも手元に置いておくことをおすすめしたいですね。
受験生本人がやりたい教材を本屋で選べたら一番いいのでしょうが、なかなか時間もないでしょうしね・・・・
うちも、無駄になった教材もありましたが、備えを十分にしていたことは安心につながって良かったと思っています。
中途半端にあちこち手を出すのは良くないと言われていますが、自分に合った教材を見つけるにはある程度の出会いも必要な気がするので、可能であれば、評判の良い教材を複数そろえてあげてくださいね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







スポンサーサイト
                 

コメント