子育ては親育て

2017/ 08/ 02
                 
子育てをしていると、いろいろなことがありますよね。
私は家庭だけでなく、仕事でも子どもたちと関わっているので、楽しいことも多いのですが、ときには悩んで辛くなることもあります。
よそのお子さんの場合、教室の責任者でもない私が厳しく注意すると保護者の方からクレームが来る可能性もあるし、かといってこちらが子どもに軽く見られてもいけないし・・・・
家にいても仕事のことがふと思い出され、どうしたらいいかあれこれ思案していることもありますね。

我が子のこととなると、なおさら一生懸命になりますよね。
親ならば誰でも、我が子が心身ともに健康に成長してほしいと願い、そのためにどうしたらいいのかをいろいろと調べたりするのではないかと思います。
とても労力がいることではあるのですが、そうすることによって、実は親の脳、とくに前頭前野という人間らしい思考を司る部分が活性化するそうで、子育てというのは立派な脳トレの役割も果たしてくれているらしいです。
家で子どもといると煮詰まってしまうということもあると思うのですが、ちょっと思考を変えて、子育てをすることが自分にも役立っていると考えたら、また頑張ろうという意欲がわいてきそうな気がしますね。

保護者の方の中には、子育てに疲れ気味な方もいらっしゃいます。
「10年後を見据えた子育てをしてください。」

とお話はさせていただくのですが、耳を傾ける余裕がないみたいで・・・・
でも、今は本屋インターネットなどで簡単に情報収集できますから、悩みの内容によってはすばやく解決できるものもありますし、調べることで脳トレ効果があるならなおのこと奮起していただけるとうれしいですね。
私の失敗談もお話して、反面教師にしていただいています💦

子育て以外でも、動物や植物の世話をすることなども脳が活性化するらしいので、脳の老化を遅らせるためにも楽しく取り組んでいきたいですね。
私の場合、とりあえず娘が自立するまでは子育て期間で、そのあと孫育てがあるかもしれないので、これからも脳を鍛えようと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







スポンサーサイト
                 

コメント