Post

        

その日に復習するのは非効率?

category - 教育・受験勉強
2020/ 06/ 21
                 
学習した内容をいつ復習するのが効果的かについて書かれた記事を読みました。

エビングハウスの忘却曲線というものがあるのですが、これは心理学の教科書には必ず出てくるグラフで、人は数日後には学習した内容の8割を忘れてしまうということを示すものです。
そのため、授業で習った内容はその日のうちに復習するべきだと考えがちですが、実験心理学の研究ではそれは間違いであることが明らかになっているそうです。

同じ勉強をしたあと、その日に復習したグループ①と数日後に復習したグループ②が、さらにしばらくたってからテストを受けるという実験で、グループ②の方が得点が高かったという結果が出たとのことです。
習った当日はまだ記憶もはっきりしていますが、数日後には勉強した内容の8割を忘れるので、その忘れかけたタイミングで復習する方が定着しやすいということなんですね。
ただし、勉強した内容の理解が不十分な場合はあまり間をあけずに理解できるまで復習した方が良いそうです。
理解できないまま放っておいたら復習しても意味がないですものね・・・・
宿題の場合も提出期限があったりするので、やはり早めにやるのが望ましいと思います。

私も、生徒さんたちには復習の重要性を話しています。
子どもは復習や間違い直しはいやがって新しいことをやりたがることが多いので、それでは効果がないよと一生懸命伝えていますね。
その思いが多くの子ども達に伝わっているといいのですが・・・・
部活や習い事で忙しい子も多いので、脳の仕組みに合った効率的な勉強の仕方を身につけることが大切ですね。
同じ学習時間でも良い方法で復習すれば身に着く知識も増えるので、ぜひご家庭でも実践していただけたらと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

こんにちは!
忘却曲線、有名ですよね!

前にコメントした通り、試験勉強の真っ最中ですが、仕事もある為、どうしても数日後に復習という形になってしまいます。

忙しさがMAXになっていると、1週間後に勉強再開となる事もありますが、やっぱり覚えている量が違いますね。

一回、講義を聞いたら、隙間時間で問題を繰り返し解いて、間違えたところをもう一度復習するという方法をとっています。
No title
>脳の仕組みに合った効率的な勉強の仕方を身につけることが大切

このあたりを理解しながら、勉強していくとより効率的な
勉強ができますよね。

まぁ、難しく考えなくとも、人間、誰しも時間が経てば
忘れてしまうなんてことは、体感的に知っていることで
すし、結局の所は復習を数こなせってことだと思ってますw
(脳は、回数多く登場した情報を長期記憶の領域に移す
らしいですから)
Re: Kanon様、コメントありがとうございます♫
お仕事でお忙しい中、時間を有効に使って試験勉強をされていて、すばらしいですね(^O^)
反復学習はとても大切で、繰り返すことで忘れにくくなってくるので、根気よくやり続ける必要かありますよね。
もちろん、睡眠を削ってまでするのは逆効果なので、体調管理も並行してやらなければいけませんが、Kanonさんは要領良くこなされているのではないでしょうか。
私も記憶力の衰えが心配なので、自分なりに対策していきたいと思います!
Re: 神田ももたろう様、コメントありがとうございます♫
繰り返し学習することが、記憶の定着には不可欠ですよね。
ただ、かなり時間が経ってからの復習にはあまり効果がないことを実感しているので、それは避けたいと考えています。

英単語などもテストのために必死で覚えましたが、やらなくなると元の木阿弥で(><)
隙間時間を有効に使って、地道にやっていくしかないんでしょうね。
今は脳も老化が進んでいると思うので、いろいろ対策していかなければ!