Post

        

「夫源病」を防ぐには

category - 結婚生活
2020/ 05/ 08
                 
夫の定年後に妻のストレスが増す理由について、解説してくださっている記事を読みました。

お互い好きだから結婚したはずなのに、一緒に生活していくうちに「亭主元気で留守がいい」という心境になっていく妻・・・・
そして、夫の定年後は、毎度毎度の食事や身支度まで依存され、ストレスを抱えて「夫源病」になる妻が増えているようです。
「夫源病」の名付け親でもある、医師の石蔵文信先生によると、男性は、気楽な仲間を見つけるのが苦手な傾向があり、定年後は妻と一緒に行動したいと思うのですが、女性は、初対面の人とでも打ち解けやすい傾向があるため、そんな夫の存在がうとましく感じてしまうようなんですよね。
妻が「夫源病」になった場合、治療をするのはもちろん、夫に生活自立してもらうことが重要とのことですが、生きがいや居場所を見つけるというのも、とても大切なんだそうです。
趣味やボランティアなどを通じて仲間ができることで、妻への依存度も下がってくるかと思うので、奥様がストレスを感じていらっしゃるようであれば、少しずつでも生活を変えるよう心がけていただければと思います。
記事へのコメントには、ペットを飼うことで夫婦共通の話題ができるというものもありましたが、それもいいかもしれないですね(^O^)
「子はかすがい」ならぬ「ペットはかすがい」という感じで、かわいいペットちゃんが、きっとお二人の仲立ちをしてくれることでしょう♫

我が家の場合は、夫とは子育ての方針ですれ違いがあり、また、夫が仕事で失敗したにもかかわらず反省する気配がないため、今はあまり信頼関係が築けていない状態ですね(T . T)
でも、夫は今後も単身赴任生活が続く予定で、定年になっても死ぬまで毎日働いてもらわねばならないですし、私も親の介護や孫の世話が回ってくる可能性が高いので、その部分で悩んでいる余裕はなく、「夫源病」とも無縁かな?と思っています。
夫婦で一緒に過ごすことが喜びだったり、夫婦の関係を改善したいと考えている方は努力されたらいいのですが、「卒婚」という言葉もあるくらいですし、お互いを束縛せずに行動することも、ストレスをためない秘訣かもしれませんね。
私も、自分が疲れすぎないように、ほどほどに頑張りつつ、家庭生活を送れたらと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
これは男女ともに考えることだと思っています。

女性も自分の気持ちを言葉に出すことが苦手だったり、察してくれると思ったりしていますからね・・・
「言ってくれればよかったのに」
というのは男性側から聞く言葉です。苦笑

言って(お願いして)やってもらって感謝!
女性側の辛抱強さが必要ですが、最終的に自分に返ってくるので、気持ちよく夫婦を続けていきたいのならば、やってほしいことです。



No title
>「亭主元気で留守がいい」という心境になっていく妻・・・・

うちは大丈夫、と思ってましたが、どうやら
そうではないようです。

ジムがお休み、かつGW。妻もコロナの影響で
仕事がなくなり、お互い家にいることが多く
なってから、妙にイライラしてて困りました(T_T)

私は妻と一緒にいるのは全然平気なのですが、
妻はどうやらそうではないようです。
距離感・・・難しいですね。

>女性は、初対面の人とでも打ち解けやすい傾向があるため、

これは本当にそう思います。ジムとかでも、女性は
すぐに友達が増えていくのを見て、感心しますね(男としては)
No title
こんにちは。

ダンナが退職した頃、私の自由時間を返して~~と叫びました。
いつも一人でゆっくりしてた時間にダンナが居るって事がストレスに。
今の自粛生活、ダンナが今思ってるであろうと思ってます。
私が24時間居ますから・・・
仕事に行けよ~~と・・・
はい、来週から週2~1日だけ仕事に行きます。

朝ごはんも買い物も家のことも、食器の洗い物もダンナ。自立してます~~
一生懸命にダンナに今までの私がして来た事を説いて、今度はアンタの番よってね。
Re: ミコリー様、コメントありがとうございます♫
たしかに、女性のほうが「察する」ということに長けていますよね(^ ^)
男性に対しては、きちんと伝えたほうが、女性のストレスも少なくてすむと思いますし、男性にお願いできることはして、時間と気持ちの余裕を持っていただければと思います。

夫婦お互いが、別々の居場所を持つということも大切ですね。
来る老後に向けて、私も楽しく生活できることを目指していきたいと思います(^O^)


Re: 神田ももたろう様、コメントありがとうございます♫
自粛期間も長くなってきたので、今回はそれによるストレスを感じる方も多いと思いますね・・・・
私も、平日まで毎日3食用意しないといけないということが、結構負担になっています。
自分だけなら、昼食は適当にすませるのですが、家族がいるとそういうわけにもいかず(><)
でも、神田ももたろうさんご夫婦は共通の趣味もおありのようですし、奥様が夫源病になることはないのではないかと思います(^O^)

女性はおしゃべり好きが多く、友達とのお付き合いをまめにする傾向があるようです。
親友になるというのはなかなかないでしょうが、たくさんの方と交流されている方を見ると、私もうらやましくなりますね。
Re: ヒツジのとっとちゃん様、コメントありがとうございます♫
急に環境が変わると、生活リズムが乱れますよね(>_<)
今は、自粛生活が長くなっていますし、余計に息苦しさを感じる方が多いかと思います。
ご主人様、家事もしっかりされていて、すばらしいです!
一般的には男性のほうが体力があるので、いろいろお願いできると楽ですね(^O^)

お仕事にも行かれるということで、少しずつ普段の生活に近づいていらっしゃいますね。
あとは、海外旅行!
年内に行けたらうれしいですね。
No title
こんにちは!
この記事、めちゃくちゃ共感しました。
私も卒婚したいと思ってる部類です。
何か作っても感謝もされず、
こちらが気を遣ってしてあげたことも
当たり前の態度です。
話しをする度に腹が立ちます。
要はお坊ちゃまなので、
人の気持ちに思いやることが出来ない。
出て行きたいですが、
親の介護もあり、この時期ということも
ありで、身動き出来ません。
でも、そういう人多いんでしょうね。
Re: マダム・ヒーヅル様、コメントありがとうございます♫
離婚する夫婦も増えていますし、ずっと夫婦円満というのはなかなか大変ですよね・・・・
うまく話し合いができればいいですが、夫が興奮して手を上げてしまう場合もあるので、切り出し方も難しそうです。
夫を持ち上げるように接するという方法もあるものの、妻が無能扱いされる心配もあり、様子を見ながらやっていく必要がありますよね。
こちらはなるべく感情的にならないようにして、いさかいを減らすようにしていけるといいですね。

マダム・ヒーヅルさんも毎日お辛いと思いますが、好きなことをするなどして、リフレッシュなさってくださいね。
私も、今後似たような状況になる可能性もありますが、お互い頑張りましょう!