勉強しない子への対応

2017/ 07/ 04
                 
子どもが自発的に勉強するようになるには、親としてどう対応するべきかについての記事を読みました。

勉強しない原因の中で親が関係するケースとして
・勉強を強制する
・親が勉強嫌い
・子どもを過度に放任
・家庭内で一般常識的な約束事がない

があげられていました。
毎日「勉強しなさい」と言い続けても、子どもは「また言ってる」と思うだけなので、思い切って3週間くらい言わないようにすると、子どもに変化が起きると書いてありましたね。
3週間はかなり長いですが、いろいろ言ってみてもどうせ効果がないなら試してみてもいいかもしれません。
子どもに勉強させたいなら、親も学ぶ姿勢を見せることが大切ですが、なにも大げさな勉強である必要はなく、趣味や仕事のことを調べたり読書をしたりすることで良いそうなので、気軽にできそうですね。

5/18と6/1の記事に書いた、親にネグレクトされているお子さんですが、結局塾をやめられました。
塾に来ていた時も全くと言っていいほどまじめに勉強していなかったので、やめたほうがお金の節約になっていいのでしょうが、お子さんの今後が気がかりです。

娘の小学生時代の同級生にも、放任され気味で成績が良くない子がいましたね。
3人兄弟の末っ子でしたが、お母さんは働いていて夜に習い事に行く日もあり、おまけにあちこちのコミュニティで役員を引き受けられていて・・・・
家では家事や育児に追われるので外に出たい気持ちはわかるのですが、役員の業務も他人まかせになっていて、完全にオーバーワークの状態でしたね。
基礎学力が足りないのに塾に行かされ、親御さんは留守がちでチェックもしないとなると、お子さんたちも苦痛だろうなと思っていました。
ここ数年お会いしていませんが、娘とご縁のあったお子さんなので、健やかに成長してくれればと願っています。

どんなときも、親子のコミュニケーションが問題解決には必要となってきますね。
勉強したくない原因も分かってくると思うので、ぜひお子さんといろいろ話し合っていただければと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







スポンサーサイト
                 

コメント

        

わが子に今、大きな目標があるわけではありませんが、ここのところ帰宅してから疲れていてもutokyo318のブログに励まされるように子どもを見守れている自分がいます。明るく子どもへの温かい視線とお気持ちが文面に溢れていて読んでいてとても心地よく感じます。
さっきのコメントutokyo318ところは→utokyo318様です。入力ミスをお詫びいたします。すみません。
Re: コメントありがとうございます♫
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
お子様のご成長が楽しみですね。
これから大変な時代に入っていくので、なんとか子ども達に「生きる力」をつけてあげないといけませんよね。
私たちの生活も今の子ども達に支えてもらうわけですから、なおさら真剣に子ども達と関わっていかないとと思っています。

敬称の件、全然気になさらないでくださいね。
私も入力ミスが多いので💦
これからもよろしくお願いいたします。