Post

        

私立大下宿生の生活費

category - お金
2020/ 03/ 28
                 
下宿して関東の私立大学に通う学生の一日の生活費が、680円程であるといった内容の記事を読みました。

この金額は、バブル期だった1990年度の3分の1ほどにしかならないようで、家賃はどんどん上がっているのに仕送り額が少ないため、学生たちはバイトをたくさんして不足分を補っているみたいですね。
学食で一食食べるとしても、それだけで最低300円は消えていきますし、特に男子学生の場合は、たしかにこの金額では足らないように思います。
ただ、バイトの時間が増えすぎると、疲れて大学の講義にも出れないという状態になってしまうかもしれないし・・・・
これだと、何のために大学生になったのか、分からなくなってきますよね。

子どもが下宿すると、親のほうもかなりの負担がありますよね。
お子さん1人当たり、毎月10万円近くは仕送りしていらっしゃるのではないでしょうか?
さらに、国立大の学費は54万円程ですが、私立大だとその倍以上かかるケースもあるので、教育費も4年間でかなりの額に!!
大学生の約半数がなんらかの奨学金を受けていることを考えると、学費と仕送り分を余裕で払えるというご家庭は、ほとんどいないのだろうなと想像してしまいますね。
我が家は、そういった経費削減のために家族で首都圏に来たわけですが、代わりに新居のローンをそれ以上の金額払っているので、日々悩んでおります(>_<)
でも、家のローンと仕送りが重なっているご家庭も多いかと思うので、我が家はまだましなほうなのかもしれませんね。

ちなみに、私の一日の生活費は、多分400〜500円くらいでしょうか??
なんとか病気もせずやってこられていますが、もう少し自分にお金を使えるようになりたいです!
質素倹約の姿勢を娘に示せているのは良いことかと思うのですが、切り詰めてばかりでは息が詰まってしまって・・・・
大学生の方達が私と同じ心境にならないためにも、学費が値下がりして仕送りが増えるようになってほしいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
学業のために都会に出てきたのに生活のためのバイトに忙しくて、大学で席につくと眠気が…
なんて話も聞きますが それでは本末転倒ですよね。

政府は海外からの留学生を優遇したり外国にお金をバラまいたりしてますが
これからの日本を背負っていく日本人の若者のためにお金を使ってほしいです。



市民のための備蓄マスクを中国に送る政治家もいるし、
国民は外国を助けるために税金を払ってるんじゃないぞ!と言いたくなることが多すぎます。

No title
今から30年近く前に、私大に通っている子に生活費として11万円仕送りしている。と聞いたことがあります。
30年の差があるのに、今と変わらないですよね・・・


こちらは国公立で、医歯学部でなくても、100~150万円くらいします。

うちは2日とも自宅から通ったので、下宿代はいりませんでしたが、学費は高いですよね。


No title
2日とも>子供2人です。

誤字でした。ごめんなさい。(;^_^A
Re: raffine様、コメントありがとうございます♫
国民に納税の義務を課しているのですから、まずは国民に利益を分配してほしいですよね。
若い人は、今後さらに納税額が増えそうですし、本当に気の毒だと思います。
外国に助けていただいたことも多々あると思うので、恩返しもできればいいのでしょうが、バランスを考える必要がありますよね。
マスクの件は、日本が中国からの輸入に頼っているくらいなので、中国に差し上げる余裕はないと私も思いますが、日本のためにとマスクを調達してくださる在日外国人の方のことがテレビで紹介されていて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
Re: ミコリー様、コメントありがとうございます♫
オーストラリアでは、給料も高いかわりに、物価や教育費などもより多くかかるんですね・・・・
計画的に貯金できたらいいですが、不測の事態が起こる可能性もありますし、子どもにばかり費用をかけていられないという現実があります。
我が家では、お金をかけられないかわりに、私が情報収集に励みましたが、時間の余裕がない方もいらっしゃるでしょうし、もっと国が補助してほしいですね。