「大丈夫?」で大丈夫?

2017/ 06/ 30
                 
昨日は職場の同僚の先生方とランチをしていました。
普段あまりお話する機会がないので、いろいろとお話が聞けてとても楽しかったです。
生徒さんの親御さんには少しでもいいのでお子さんの学習チェックをしていただき、それを私たち塾講師にも伝えていただけたらという話も出ましたが、成果を上げるためにはそのことは不可欠なので、私も時間があるときに親御さんに繰り返しお願いしていきたいと思いました。

私が娘に「大丈夫?」と一番多く言っていたのが、東大入試が終わって合格発表があるまでの2週間でしたね。
もちろん、責め立てるようにではなく、軽いノリで言うようにはしていましたが・・・・
「大丈夫」と娘に何度返答させたことか💦
答案を採点してくださっている先生も人間ですから、ミスなどもあるかもしれない。
センター試験も、機械が娘の答案を正確に読み取っただろうか。
答案は返却してくれないので、不合格になっても原因を確かめようがないですから、とにかく不安でいっぱいでしたね。
その期間も家に飾ってある神社のお札に毎日お願いし、お百度参りにも行きましたが、2週間がとても長く感じられて辛かったです。

子どもによっては、トラブルがあっても親に心配かけまいと「大丈夫」と言う子がいるようですが、それを完全に信じていいのか、判断が難しいところです。
いじめを苦に自殺するお子さんの家庭でも、もちろん親御さんは普段から「大丈夫?」と声かけをされていたと思うのですが、毎日学校で見回りをするわけにもいかないので、お子さんが話さなければなかなか真実は見えてこないですよね。

先ほど書いた私のケースでは、自分が安心したいがために「大丈夫?」を連発していたと反省しています。
娘は私が見る限りは不安そうではなかったのですが、私にまで余計な気をつかわせてしまいました。
あまり悩みを言わない娘なので、ときどき「何か困っていることはない?」と聞くようにはしていますが、実際に悩みを抱えているときには遠慮なく話せるようにしてあげたいです。
取り返しのつかないことになったら、悔やんでも悔やみきれないので・・・・

子どもが家庭で本音を言えるようにするためには、子どもが自己肯定感を持つことが大事だそうなので、私たち親も、そういった感情を育むことができる家庭環境を作ってあげたいですね。
悩んでいることをできるだけ早く察知して、事態がさらに深刻にならないよう気をつけていきたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







スポンサーサイト
                 

コメント