ピア効果

2017/ 06/ 27
                 
「ピア効果」とは、意識や能力の高い集団の中に身を置くことで切磋琢磨し、お互いを高め合う効果のことをいいます。
幼稚園や保育園、学校、習い事などに通う子どもの場合、そこで交わる先生や友達に大きな影響を受けやすいので、どこに通わせたら良いのか、親御さんはいろいろ悩みますよね。

娘の幼稚園を決めるにあたっては、あまり園の方針にはこだわらず、同じ小学校に進学する子が多い幼稚園を選んだのですが、中学校は学習指導に熱心な学校に行かせたいと思いました。
実際に入学してみるとまじめな生徒さんが多く、娘も違和感なく勉強中心の学生生活を送っていましたね。
もう少し自由な時間があったら良かったのですが、公立中学に行った友達も学校、部活、塾に忙しい日々だと聞いていたので、まあしかたがないかなと思っていました。
1日の授業時間が長く土曜日も授業があったので、家にいるときまで友達とSNSでつながる必要がなく、そちら方面での悩みがなかったのも良かったです。

家庭でも「ピア効果」が働くことが考えられますね。
お子さんが複数いらっしゃるご家庭の場合、下の子は上の子の様子を見て育つので、上の子が勉強好きだったり習い事に一生懸命取り組んでいたりすると、下の子もそうすることが当たり前だと感じる可能性が高いと思います。
また、親御さんが日常的に学習や読書をしているご家庭では、子どもも学習習慣が身につきやすいそうですし、親御さんの仕事や家事に対する意識・意欲が高いと子どもへの「ピア効果」が期待できるということなので、そういった姿勢を継続して子どもに見せることが大切ですね。

私は家事はあまり得意ではないのですが、仕事に関しては家でも予習するなどの準備をして頑張っているつもりなので、娘に「ピア効果」が生まれてくれていたらうれしいです。
勤務先の生徒さんたちにも良い影響を与えられるように、これからも努力していきたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







スポンサーサイト
                 

コメント