Post

        

ヘリコプターペアレント

category - 子育て
2019/ 12/ 01
                 
ヘリコプターペアレントについて、解説してくださっている記事を読みました。

ヘリコプターペアレントとは、上空を旋回するヘリコプターのごとく子どもに関わり続ける、過保護・過干渉の親のことを指す言葉だそうで、海外ではよく使われているようですね。
子どもを思う気持ちが強く、失敗させまいとして、先回りしていろいろ世話を焼いてしまった結果、子どもの成長が阻害され、極端な例では、トイレに行くかどうかも自分で決められない子どもになってしまうということもあったようです。
また、ヘリコプターペアレントに育てられた子どもは、感情のコントロールがうまくできないという報告もあり、良かれと思ってしたことが、かえって子どもに悪影響を及ぼしているケースもあるということが分かってきました。

ヘリコプターペアレントになるのは、完璧主義な人が多いみたいですが、親も子も、失敗を教訓にして成長できる場合が多いので、適度な距離感を持って、我が子と関わっていけたらいいですね。
海外では、赤ちゃんのときから自立を促すようにしている親が多いとも聞くので、日本で暮らす日本人の親とは子育てに対する考え方が違うかもしれませんが、親が子どもをずっと監視できるわけではないということは共通しているので、子どもを信じて見守ることも必要だなと思いました。

私の場合、娘にはときどきアドバイスをしてきましたが、根回ししておくみたいなことはほとんどなかったように思いますね。
我が家は貧乏で、いろいろ悩みを抱えている家庭なので、娘が自立してくれないと、私自身の生活が成り立っていかないことがはっきりしていたため、甘やかしてばかりはいられないという思いを持ちながら、子育てをしてきました。
KAT-TUNの歌ではないですが、「ギリギリで生きている」状態のこともある我が家では、娘に過保護・過干渉をする余裕がなかったんですよね(・・;)
まあ、我が家のことはさておき・・・・
今、お子さんに手をかけすぎていると感じていらっしゃる方は、いきなり突き放してもお子さんが戸惑ってしまうので、日常の小さなことから、お子さんが自由に判断できる機会を作ってあげて、徐々に自立するためのスキルを磨いていただければと思います。
頭の中が子どもオンリーになるのもヘリコプターペアレントになる原因だと思うので、親御さんご自身も、楽しみを見つけてぜひリフレッシュなさってくださいね(^_−)−☆

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
これは子育てセミナーで必ず取り上げることです。(;^_^A
過保護過干渉が恋愛下手な女子を作り、やる気のないニート男子を作ります。

失敗も経験してこその成功もあるわけで・・・
知り合いにも、落ちるのが怖くて椅子に1人で上げさせないママさんがいましたが、5歳になっても自分で椅子に上がれない子に育ちました。苦笑

何事も経験!経験をしながらいろいろなことを学んで行くのが子供です。
こういう親を増やさないように、セミナーでも発信したいです。
Re: ミコリー様、コメントありがとうございます♫
たしかに、将来冬彦さんみたいになったら困りますもんね(´・_・`)

日本と海外では子育てについての考え方が大きく違うでしょうし、日本の中でも、私たちが子どもだった頃からの変化も著しいので、何が正解かを見極めるのは難しいですよね。
また、子どもの成長にも個人差があるので、年齢だけで判断することはできないでしょうが、いずれは自立してもらわなければいけないわけですから、それを念頭に置きつつ、子育てをしていただけたらと思います。