2021年03月01日

        

混ぜ餃子の素が発売&どこでも切れる袋のしくみ

category - 話題&子育て・教育
2021/ 03/ 01
                 

今日発売のこちらの商品、水で溶いていつもの餃子の具を混ぜて焼くだけで、皮がないのに外側はパリッとした食感に仕上がるということですが、簡単に餃子を作ることができるのは便利だなと思いました。
餃子の皮を閉じるグッズは100円ショップでも見かけますが、そういうことをする手間が省けるというのは、時短になりそうですね(^ ^)




今はこういう小袋が増えていますが、どういうしくみなのかということは気にもしていなかったので、勉強になりました!

昨日はレギュラーコーヒーの粉を開封しましたが、こういった大きい袋の場合は、はさみを使わないといけない場合が多いですね。
さらに技術が進歩して、手で引っ張るだけでまっすぐにカットできたら、楽でいいなと思いました(^O^)


また、クロイドンさんのコメントにある「児ノ木」の中華そばの写真を、くろ★すけさんからお借りしました。
東京の新宿区にあるお店で、基本的には平日の11時から15時までしか営業していないのですが、口コミも良いみたいですし、職場からも行きやすそうなので、私もまた食べに行きたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加