2021年01月25日

        

ののかちゃんの歌声🎶&灘の「奇跡の日本酒」が人気

category - 話題&子育て・教育
2021/ 01/ 25
                 


第35回童謡こどもの歌コンクールで『いぬのおまわりさん』を歌い、史上最年少で銀賞を受賞した、村方乃々佳ちゃん。
子役として芸能事務所にも所属しているようですが、歌や韓国語の練習もされているみたいで、これからさらに活躍の場が広がるのではないかと思いました。

私は、英語でも歌でも、上達するためにはたくさん聴くことが大切ではないかと考えています。
娘にも童謡をたくさん聴かせていましたが、言葉も比較的早く覚えましたし、歌うことの楽しさを知ることもできて、精神的にも安定したのではないかと思います。

私も子どもの頃には声楽を習い、結婚してからはコーラスサークルに参加していたこともあるので、またどこかで歌う機会があればと思いますが、コロナ禍が収まらないと無理かもしれませんね・・・・





こちらの日本酒は、神戸市灘区にある創業1717年の酒造会社「沢の鶴」で製造されたものですが、琥珀色に輝いていて、まるでウイスキーのようだと思いました。
阪神・淡路大震災で被災した同社ですが、奇跡的に生き残ったタンクの中にあった酒母から作られたということで、とても貴重なお酒なんですね。

お値段は、なんと500ml入りで19万8000円!!!
どこかで一滴だけでも飲めたらうれしいですが、その夢は幻に終わりそうです(^_^;)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加