2021年01月03日

        

香港啓徳空港着陸シーン(@_@)

category - 話題&子育て・教育
2021/ 01/ 03
                 
JALパイロットの方へのインタビュー記事を読みました。


こちらの記事で、パイロットの方が一番思い出深い空港として、かつてあった香港啓徳空港をあげられていましたが、この空港では、高度約200メートル近くまで降下し、その後パイロット自身が右旋回(通称:香港カーブ)をさせ、街の建物のすれすれを飛行し滑走路に向かって着陸する方式をとる場合があって、いつも技量を試されていると感じていらっしゃったそうです。

私は、今まで3回香港に行っていて、はじめて行ったのが香港が中国に返還される前だったのでこちらの空港に降り立ちましたが、あらためて上の写真を見ると、たしかに怖すぎますね(@_@)
娘も、1歳のときに初海外旅行で香港に行きましたが、そのときは現在の香港国際空港がオープンしていたので、そちらを利用しました。

幸い、娘は機内でも静かにしていたので楽でしたが、事前に電話で離乳食や座席の便宜を図ってもらうようお願いしたり、当日チェックインのときにベビーカーを預けるなどの手間はかかりました。
関空から行ったのでたしか3時間くらいのフライトでしたが、それくらいの時間なら、小さい子もうまく時間がつぶせると思います。

娘が15歳のときにも香港とマカオに行きましたが、またいつかそのときのことも書く予定です。
また香港とマカオに行きたいのですが、コロナ禍が落ち着いてもなかなか実現しそうもないですね(><)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加