2020年11月05日

        

面白看板&エスカレーターではどちらに立つ?

category - 話題
2020/ 11/ 05
                 
面白看板シリーズです🎶



スピード違反の罰金と佐渡わかめの値段を並べて表示するとは、何の意図があるんでしょうかね(^◇^;)
たしかに、運転中にこれを見たら、かえって注目して危ないかも??
わかめのことには詳しくないですが、調べた限りでは、佐渡わかめはとてもやわらかいみたいですね。
私も、お味噌汁には毎日わかめを入れているので、佐渡に行くことがあればこちらを買ってみたいと思いますヽ(^o^)



エスカレーターでの立ち位置について調査したという内容の記事を読みました。



上のツイートに載っている記事は2014年のものですが、こちらの日本地図を見ると、関西以外はエスカレーターで左側に立っている人が多いんですね。
同じ関西でも、京都は左側に立つ人が多いという結果になっていますが、京都は国内外から多くの観光客が訪れるため、首都圏と同様のルールが一部に定着しているというのが定説らしいです。
中には、片側空けはしない地域もあるようですが、片側空けはエスカレーターの寿命を縮めるそうで、中央に1人だけで立つというのがエスカレーターの負担が少なくていいのかもしれません。
でも、そうなると人の輸送効率が悪くなってしまいますし、悩ましいですね。

ちょうど、昨日テレビでエスカレーターの片側空けについて特集していましたが、エスカレーターは、歩くことを前提にして作られているのではないとのことでした。
日本では、阪急電車の大阪梅田駅付近にある「動く歩道」でやり始めたそうですが、そういえば、私が子どもの頃にも「お急ぎの方のため左側をお空け願います」というアナウンスがそこで流れていましたね。
片側空けによる事故もたびたび起こっているみたいですし、これからはやめていけるといいのですが・・・・
コロナ禍の最中ですが、エスカレーターでは手すりを持って立ち、事故防止に努めていきたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加