2020年11月04日

        

西郷や芥川も愛した「船橋屋のくず餅」

category - 日常生活
2020/ 11/ 04
                 
先日、1805年に創業された船橋屋のくず餅をいただきました。

「船橋屋」のHPはこちら↓
https://www.funabashiya.co.jp/



西郷隆盛や芥川龍之介、吉川英治など、著名人も好んで食べたという、こちらのくず餅。
防腐剤などは一切使わないため、消費期限はわずか2日なのですが、冷蔵庫で長時間冷やすと硬くなってしまうそうなので、買ってからすぐにいただきました。



上のツイートで紹介されている記事によると、全国的には関西風の葛粉を使った半透明の「葛餅」(写真左)が広まっているのですが、東京を中心とした関東の一部では小麦でんぷんを使った「久寿餅(くず餅)」(写真右)も有名とのことです。
国産の葛粉はとても希少で高価な食材だそうで、葛餅といっても葛粉(本葛粉)のみで作るお店は少なくなっているみたいですね。
古代から中世まで、葛の根は米や麦の代用食となったり、体を温める作用があることから、漢方薬(葛根湯など)としても利用されてきましたが、万葉集にも葛を詠んだ歌が多く登場しているんですね(^^)
関西にいたときは葛餅を食べる機会がありませんでしたが、今度帰省したときには買ってみたいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加