2020年10月23日

        

超細分化された健康お守り

category - 話題&子育て・教育
2020/ 10/ 23
                 
岡山県にある日本第一熊野神社の健康お守りが細分化されすぎているという内容の記事を読みました。

元記事はこちら↓
https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/300155.html

「日本第一熊野神社」のHPはこちら↓
https://kumano-jinjya.com/



こちらの神社には、「からだ守り」として52種類ものラインナップがあるようですが、本当に総合病院もビックリですね!
熊野12社権現として西暦701年創立されたこちらの神社では、病気の祈祷を長く行っているそうですが、医師や看護師の方たちの話をヒントにして体関係のお守りを増やしていったということです。
宮司さん曰く、お守りのご利益を得るには、悪いところの部位に医者の投与の薬が効いて免疫力がアップするように祈ると良いとのこと。
現在はお守りの郵送も行われているそうですが、私も「シナプス御守」ほしくなりました〜(^O^)

こちらの日本第一熊野神社は倉敷市にありますが、私は30年ほど前に美観地区に行ったことがあり、倉敷にはまたゆっくり訪れたいと思っていました。
娘は倉敷には行ったことがないですが、岡山白陵中学校受験の際に、早朝神戸から電車に乗って学校に向かい、試験終了後はすぐに神戸の自宅に帰宅したということがありました。
岡山白陵は前受けの学校として受験する子が多いですが、娘も試験に慣れることが目的で受験していましたね。
模試と入試とは臨場感がまったく違うと思うので、できれば本命校の前に実際の入試を受験しておかれると良いかと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加