2020年10月16日

        

リンゴの健康効果

category - 健康
2020/ 10/ 16
                 
リンゴの健康効果について解説してくださっている記事を読みました。



リンゴは今が旬で、買われる方も多いと思いますが、リンゴには老化を遅らせ生活習慣病対策に役立つ抗酸化成分がかなりたくさん含まれているということで、それが「1日に1個で医者を遠ざける」といわれる所以なんでしょうね。
免疫力を高めるエピカテキンというポリフェノールも含まれているので、コロナ対策にもなりそうです(^ ^)
また、リンゴにはカリウムも含まれていますが、カリウムによる体内の塩分を排出する作用にも期待したいですね。
保存方法は、1個ずつキッチンペーパーや新聞紙で包んでからポリ袋に入れて冷暗所に置いておくのが良いとのことなので、私も買いだめしたときはそのようにしようと思いました。



リンゴといえば、東京駅や上野駅などにあるリンゴジュースの自販機が注目されているみたいですね。
「ふじ」「とき」「ジョナゴールド」のほか、期間限定で希少品種「世界一」を使ったジュースも販売されているということですが、「世界一」は生産量が少ない上に、その多くが海外に輸出され国内の売場にはほとんど出回っていないため、最初で最後の販売になるかもしれないそうです。
「世界一」、私が子どもの頃はスーパーでも売っていて、ときどき買っていた記憶があるのですが、そういえば全然見かけなくなりましたね・・・・
私は「ジョナゴールド」や「王林」を買うことが多く、娘もリンゴやリンゴジュースが好きですが、ひさしぶりに「世界一」も食べてみたいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加