2020年10月07日

        

絶対に安全運転したくなる看板

category - 話題&子育て・教育
2020/ 10/ 07
                 
北海道にある「絶対に安全運転したくなる看板」についての記事を読みました。

元記事はこちら↓
https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/312460.html



ドライバーへの注意喚起の看板は「この先注意」「事故多発」といったストレートな文言が多いですが、そういうのを見慣れてしまうと、たしかにあまり印象に残らないかもしれませんね。
それにしても、この表現はかなりインパクトがありますし、上に乗っている心電図らしき線も、なんだか怖いです(@_@)
ここから病院まで2時間もかかるなら、絶対に事故は起こせない!!
私ならめちゃくちゃ緊張しそうですが、いつも近くに病院があるとは限らないですし、ドライバーも歩行者も、しっかり注意して通行していきたいですね。

私は、幼少の頃、雨の日に信号のない自宅近くの道路を渡ろうとして、交通事故にあったことがあります。
ドライバーの方は「病院に行こう」と言ってくれたのですが、このままどこかに連れて行かれるかもしれないと思って、血を流しながら走って家に帰ってしまったんですよね(^^;
怪我は、頭に小さいハゲができてしまったものの大したことはなかったですし、ドライバーの方とも特にトラブルは起こらなかったので良かったですが、普段両親が観ていたニュースやワイドショーでやっていた誘拐の報道が、子ども心に強く印象に残っていて、とっさにそんな行動をとったんでしょうね・・・・
元記事では、同じ台詞では刺激に慣れてしまうかもしれないということを認識させられましたが、私の交通事故のことを振り返ると、絶対に注意しなければいけないことについてはあらゆる方法で伝え続けていくことが大切だということを実感しました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加