2020年09月15日

        

面白看板&子どもを経済的に自立させるには

category - 話題&子育て・教育
2020/ 09/ 15
                 
現在もあるか分かりませんが、東京・品川のお店のようです。
関西人の私も、思わず「どっちやねん!」と突っ込みたくなりますが(^◇^;)
仕事以外では巣ごもりしていることが多く、家で楽しい気持ちになれることを探していますが、「面白看板シリーズ」これからもちょくちょくやろうと思いますヽ(^o^)
こちらのお店の座席がどうなっているか、とても気になります〜





子ども時代をどう過ごすかは将来の賃金に影響を与えるという内容の記事を読みました。

大人になって「稼ぐ人」になっているのは、学校の成績が良かったり、家に蔵書がたくさんあったり、非認知能力が高い子が多いらしいのですが、その子の持って生まれた性格も影響を与えると書いてありました。
学校の成績については、悪いからといって頭が良くないとは限らないので何とも言えませんが、何事も謙虚に学ぶ姿勢は大切なので、よく読書をするというのはやはり多少は関係しているかもしれませんね。
非認知能力とは、忍耐力や社交性、自尊心など、数値で計れない性格や特徴を指しているのですが、この能力は繰り返し練習することで何歳からでも伸ばすことができるらしいです。
林修先生おすすめの本「学力の経済学」にも、非認知能力の高い人は年収も高い傾向があると書いてありましたし、もちろん他の面でも役立つ能力なので、生徒の親御さんたちにもそのことを理解していただくべく、説明をさせていただいています。

我が家の場合、夫も私も親たちも「稼げない人」なので、ときどき将来が不安になりますね。
私の仕事もそのうちロボットに取られるかもしれないですし(><)
娘に贅沢三昧してほしいわけではないですが、できれば特別なケアが必要な方々に手を差し伸べる経済的なゆとりを持ってほしいので、これからも娘に非認知能力の重要性を伝えていきたいと考えています。
私も、非認知能力の老化をなんとか遅らせなければ!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「学力」の経済学
価格:1760円(税込、送料別) (2020/9/14時点)