2020年08月31日

        

同じ漢字でも・・・・

category - 話題&子育て・教育
2020/ 08/ 31
                 
台湾の果物屋で見かける「自殺」と「他殺」の中国語の意味について解説してくださっている記事を読みました。

元記事はこちら↓
https://taiwanaruku.com/jisatsu-tasatsu


これらの漢字、日本人にとっては衝撃的なものですが・・・・
台湾では、果物を自分で持ち帰って家で切ることを「自殺」、果物を果物屋の人に切ってもらうことを「他殺」というんですね(^◇^;)
今まで、中国語が使われている中国・台湾・シンガポールには何度も行きましたが、こういう表示は見たことがなかったです。
パイナップルのように大きくて表面の硬い果物の場合は、少し割高ではありますが、お店の人に小さくカットしてもらったほうが便利ではありますね。

先日、娘は日本で一番受けられている中国語検定である「HSK」を受験し、5級レベルの実力があると認定されました。
HSKは1級から6級の6段階に分かれていて、6級が最上級でもっとも難しい級ということになっているのですが、今は6級レベルの実力がつくことを目指して勉強している最中です。
検定試験や資格試験の勉強法としては、私は問題を大量にこなすことをおすすめしていますが、娘の場合は英語が好きだということで、語学学習をするうえでの下地ができていたのか、問題集はあまりやっていなかったようです。
私自身、語学は得意ではなく、勤務先の塾に外国人の保護者の方が来られたときは翻訳アプリに頼っているありさまですが、また時間の余裕ができたら、娘に教えを請おうと思いますヽ(^o^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加